2017年12月18日、カンタス航空は、日本就航70周年を迎えます。

カンタス航空と日本のつながり。
それは1947年、山口県防府にあるオーストラリアの在日空軍基地に、乗客6人と1,200ポンドの郵便物を運んだのが始まりでした。

以来、多くのお客様にご搭乗いただき、今では日本とオーストラリアの空を毎日結びつけています。
これからも心ときめく空の旅をお届けしたい。

その想いと共に、カンタス航空は71年目の空へ飛び立ちます。

羽田〜シドニー、メルボルン、ブリスベン、アデレード(エコノミークラス往復)

成田〜シドニー、メルボルン、ブリスベン、アデレード、キャンベラ、ケアンズ、パース(エコノミークラス往復)

関西〜シドニー、メルボルン、ブリスベン、アデレード(エコノミークラス往復)

羽田〜シドニー、メルボルン、ブリスベン、アデレード(プレミアムエコノミークラス往復)

羽田〜シドニー、メルボルン、ブリスベン、アデレード(ビジネスクラス往復)

成田〜シドニー、ブリスベン、メルボルン、アデレード、キャンベラ、ケアンズ、パース(ビジネスクラス往復)

関西〜シドニー、メルボルン、ブリスベン、アデレード(ビジネスクラス往復)

* 空港使用料、諸税、諸手数料別途

● 表示の価格はqantas.comにてお支払いをいただく場合のものです。空港使用料、諸税、諸手数料は含まれません。 ● カンタス航空予約部にてお電話でご予約の場合は、別途予約手数料3,000円を申し受けます。 ● 旅行会社にてご予約の場合は、旅行会社の定める取扱手数料がかかります。 ● 表示の価格は2017年12月6日現在のもので、カンタス航空ご利用の大人1名様の2018年5月7日から2018年6月15日の間に日本を出発するエコノミー、プレミアムエコノミー、ビジネスクラス往復運賃です。 ● 売切れの場合は販売を終了させていただきます。 ● 羽田発および関西発ブリスベン、メルボルン、アデレード行きはシドニー経由です。 ● 成田発シドニー、アデレード、キャンベラ行きはブリスベンまたはメルボルン経由です。 ● 成田発ケアンズ行きはブリスベン経由、パース行きはメルボルン経由です。 ● ビジネスクラス運賃でオーストラリア国内線区間が含まれる場合、エコノミークラスのご利用になる場合があります。 ● プレミアムエコノミー運賃でオーストラリア国内線区間が含まれる場合、エコノミークラスのご利用になります。 ● 2才から11才までのお子様は大人運賃の75%、2才未満でお座席を使用されない幼児は大人運賃の10%、2才未満の幼児でお座席を使用される場合は大人運賃の75%が適用されます。 ● この航空券は最長12ヶ月の滞在まで有効です。 ● ご予約の変更には変更料、手数料および運賃の差額がかかります。 ● 発券後の取り消し・払い戻しにはキャンセル料がかかります。 ● 運賃、ご利用条件は予告なく変更になる場合があります。 ● ご用意できる座席には限りがあります。 ● 諸条件が適用になります。

カンタス航空の特長

便利なネットワーク

便利なネットワーク

カンタス航空では羽田-シドニー間と成田-ブリスベン、成田-メルボルン間に直行便を毎日運航しています。
2017年12月14日から、関西-シドニー線が週3便運航いたします。機材やフライトスケジュールについてご案内します。

便利なネットワーク
各クラスの特長

各クラスの特長

カンタス航空では日本-オーストラリア間に「ビジネス」「プレミアムエコノミー」「エコノミー」の3クラスの旅をご用意しています。路線ごとにそのクラスの特長をご案内します。

各クラスの特長
手荷物について

手荷物について

カンタス航空ご利用時の機内持ち込み手荷物とお預け手荷物についてご案内します。

手荷物について
空港案内

空港案内

シドニー国際空港、ブリスベン国際空港、メルボルン国際空港の国際線ターミナル、国内線ターミナル、乗り継ぎについてご案内します。

空港案内
機内食について

機内食について

フライト中の楽しみといえば機内食。カンタス航空では国際線エコノミークラスの機内食サービスを一新しました。機内食情報やオンラインサービス「Select on Q Eat」をご案内します。

機内食について
フリークエントフライヤー

フリークエントフライヤー

フリークエントフライヤーはカンタス航空のマイレージプログラムです。航空券の運賃種別と利用区間により、フリークエントフライヤー・ポイントとステータスクレジットが加算されるシステムです。

フリークエントフライヤー