ホーム > ワイルドフラワーとは

ワイルドフラワーとは

ワイルドフラワーとは 西オーストラリア州が特別な理由

ワイルドフラワーとは

カンガルポー リースフラワー
さまざまな自然環境に自生する野生の花の総称をワイルドフラワーと呼びます。
可憐な花を咲かせるもの、野趣あふれるユニークな形をしたもの、群生してフラワーカーペットのように一面を染め上げるものなど、自然から生まれた造形美を心行くまで堪能してみましょう。日本ではお目にかかれない、珍しい植物をたくさん目にすることができます。同じ青でも花によって微妙に色合いが異なり、彩り豊かな花々の共演も見応え十分です。

西オーストラリア州が特別な理由

ワイルドフラワーを見るなら、ワイルドフラワーの州「西オーストラリア」へ!
西オーストラリア州は、『ワイルドフラワーの州』(wildflower State)と呼ばれるくらい多種多様な花々であふれています。その種類はなんと1万2000種! そしてその約8割が固有種といわれています。広大な大地に咲き乱れる花々は7月上旬に北から咲き始め、次第に南下し、12月中旬まで約5カ月間楽しめます。 ここでしか出会えない貴重なワイルドフラワーを求めて、ぜひ西オーストラリア州へ!
西オーストラリア州が特別な理由

西オーストラリア州のワイルドフラワー*6つの魅力

見られる花は1万2000種

見られる花は1万2000種
西オーストラリア州の広大な大地の至る所で、ワイルドフラワーに出会えます。見られる花の種類は1万2000種! 国立公園や沿岸の砂地地帯、ユーカリの森林、草原、あるいは移動途中の道端でも、可憐で野性味あふれる花々の共演が楽しめます。

ここでしか出会えない固有種

ここでしか出会えない固有種
ほかの大陸から独立し、独特の進化を遂げたオーストラリア大陸。その植生もユニークで、特有の花や樹木が生育しています。ワイルドフラワーも例外ではなく、特に西オーストラリア州では、1万2000種のうち、約8割が固有種といわれています。


花前線は5ヶ月かけて北から南下

花前線は5ヶ月かけて北から南下
日本とは季節が逆になる西オーストラリア州では、春の訪れは早いところで7月頃。北部では7月上旬から花々が咲き乱れるシーズンに突入します。ワイルドフラワー前線は、12月中旬にかけて徐々に南下。さまざまな場所で、長期間にわたって花が楽しめます。

パース市内も花満開

パース市内も花満開
緑豊かなパースでは、春になると街中が花で彩られます。特にキングスパークはおすすめ。常時1,700種もの植物を見ることができます。さらに9月の1カ月間はワイルドフラワー・フェスティバルも開催。3000種以上が大集合する花の祭典は必見です!


11のワイルドフラワー街道

11のワイルドフラワー街道
西オーストラリア州には、花々を巡るワイルドフラワー街道が11ルートあります。場所によって気候や地形が異なるため、街道ごとに見られる花や時期が違ってきます。個性豊かな11の街道へ、お目当てのワイルドフラワーを探しに出かけてみませんか。

立ち寄り観光スポットも魅力!

立ち寄り観光スポットも魅力!
西オーストラリア州には世界遺産をはじめ、美しい海岸線や国立公園、奇岩、島など、さまざまな観光スポットが点在しています。ワイルドフラワー街道のルートに沿って観光地へ立ち寄り、あなただけの個性的な旅を演出してみてはいかが?