ホーム > 最新情報 > キングスパークワイルドフラワーフェスティバル最新情報
最新情報

キングスパークワイルドフラワーフェスティバル最新情報

13/09/17
レポーター: シャンテル・ブライト/ キングスパーク

 

9月1日からスタートしているキングスパーク G bracteosa 1.jpgのサムネール画像 ワイルドフラワーフェスティバル

西オーストラリアに自生する1万2千種類のワイルドフラワーの中から、今年は、グレビリアの花にフォーカス。オーストラリアの人々の自宅の庭でも気軽に楽しむことができように園芸種として育てられているグレビリア10種を見ることができます。

右の写真は、グレビリア・ブラクテオサ。薄いピンク色がなんともかわいらいしいですね。

(Photo: D. Blumer)            

 

 

 

G humifusa .jpg

この花もグレビリアの一種。

グレビリア・ヒューミフーサ。乾燥した土と日光を好みます。赤い花の色は、鳥が見つけやすく受粉を促す効果がある、と言われています。西オーストラリアの乾燥した内陸や、インド洋沿いの砂地の土壌でも力強く咲き、大地を鮮やかに色づけてくれます。 (Photo: D. Blumer)

 

 

 

 

フェスティバルの期間中は、キングスパークのいた DCBd8602.jpgのサムネール画像のサムネール画像 るところでユ ニークなオブジェを見ることができます。

実はこれも今回のイベントのひとつ、 「ヤーンボミング」という毛糸で編んだオフジェ。こんなカラフルなオブジェがキングスパークに点在しています。

ぜひ、お気に入りを見つけてください。 (Photo: D. Blumer) toro_rock_garden.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車の荷台でワイルドフラワーが満開?

DCBd8572.jpgのサムネール画像

昔懐かしいホールデン車のバンパーや荷台で、かわいらしいエバーラスティングの花が満開に咲いています。これも、フェスティバルのイベントのひとつ、「EH Holden Garden Display」。

車好きなら9月29日にはHoldenのヴィンテージがずらり展示されますので、ワイルドフラワーのディスプレイと一緒にお楽しみください。

 (Photo: D. Blumer)

 

 

 

 

日本からも多くの方々にお越しいただき、楽しんでいただいているキングスパークワイルドフラワーフェスティバルも、いよいよ後半を迎え、連日イベントが目白押しです。

facebookでは、そんな毎日のイベントを紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!