ホーム > 最新情報 > ワイルドフラワー便りが届いています!
最新情報

ワイルドフラワー便りが届いています!

15/08/14
レポーター:西オーストラリア州政府観光局

 

今年も西オーストラリアにやってきたワイルドフラワーのシーズン。kings park fest 2015.jpg 現地から着々と花の便りが届いています。
9月1日からは毎年恒例のキングスパーク・ワイルドフラワーフェスティバルもスタートし、いよいよ春本番、花のベストシーズンがやってきます。

キングスパーク&パースの街並み.jpg 今年で52回目を迎えるキングスパークワイルドフラワーフェスティバル。 まずは、エントランスのとおり沿いのレモンユーカリの香りを楽しみながら、パースと雄大なスワン川の眺めを楽しみましょう。

また、400ヘクタールという大きさを誇るキングスパーク内に作られたボタニックガーデンは見どころ。今年50周年を迎え、ますます多くの美しい花で彩られています。

golden kangaroo paw.jpg キングスパークでは、実は多くのワイルドフラワーの園芸種の開発にも力をいれています。 西オーストラリアの土地と気候にあったワイルドフラワーをもっと気軽に人々の庭でも楽しんでほしい、という願いのもと、研究を重ね、多くの園芸種を生み出しているのです。 これは、ボタニックガーデンが今年50周年を迎えたことを記念してつくられたゴールデン・ガンガルーポー。西オーストラリアの州花レッドアンドグリーンカンガルーポーはもちろんのこと、キングスパークで見ることができます。


バオバブの木 また、ここキングスパークで最も目を引く巨木といえば、なんといってもこの「バオバブの木」。西オーストラリア北部のキンバリーから1週間かけて運ばれてきたこの木は、根元の直径約2.5m、樹齢およそ750年といわれています。

ここへきたら忘れてならないのは、ギャラリーショップ「アスペクツ」。このおしゃれなギャラリーショップでは、ここでしか買えない地元のアーティストのジュエリーや、ガラス製品、陶器、そして、充実したワイルドフラワーの本の数々がきれいにディスプレイされ、見ているだけでも楽しめます。

お土産探しにもピッタリです。

キングスパーク・ワイルドフラワーフェスティバルの期間中(9月)は、週末に行われる野外コンサートやガイドウォーク、様々な花関連の展示、家族向けのアクティビティーなど、子供から大人まで、美しい花とともに心から癒される時間を過ごすことができます。

西オーストラリアでは、このほかたくさんのワイルドフラワーイベントが行われています。

詳しくはこちらをご覧ください。ワイルドフラワーイベント情報