パース観光モデルコース

3日間でパースを満喫できるモデルコースをご紹介します。
パースは美しいスワン川と公園の緑、都市と自然が調和し、人々の心を優しく和ませてくれる癒しの街です。

1日目パース市街と庭園めぐり

1日目は無料の市バスに乗ってパース市内の見どころをめぐりましょう。パース・カルチャー・センター(Perth Cultural Centre)やパース・アート・ギャラリー(Perth Art Gallery)、スワン・ベル・タワー(Swan Bell Tower)など見どころはたくさんあります。

スワン川のほとりでヨットをながめながら、またはキングス・パーク(Kings Park)や植物園(Botanic Garden)でオーストラリアならではの植物に囲まれてピクニック気分を満喫しながらのランチもおすすめです。

バスにのってコテスロー・ビーチ(Cottesloe Beach)に向かい、夕暮れ時には大通り沿いのパブやカフェからも見える、インド洋に沈む夕日を見てみましょう。その後はノースブリッジ(Northbridge)でさまざまな国の料理や、パブ、ホテル、ナイトクラブめぐりを楽しみましょう。または、パース・コンサート・ホール(Perth Concert Hall)でミュージカル、パース・シアター(Perth Theatre)で観劇など、ナイトライフも充実しています。

詳しくは
西オーストラリア観光情報へ
キングス・パーク

2日目フリーマントルを楽しむ

2日目はスワン・リバー(Swan River)をクルーズで下り、インド洋に面した美しい港町フリーマントル(Fremantle)へ出かけましょう。 19世紀初頭、英国人によって開拓され、美しいコロニアル調の建物が並んでいます。雰囲気のあるおしゃれなカフェやレストランも多く、週末に開催されるマーケットはたくさんの人々で賑わう人気スポットです。

フリーマントルの街の中心部に位置する旧フリーマントル刑務所はアクセスしやすい世界遺産として人気の観光地。1788年から1868年の英国流刑の歴史を伝承する貴重な遺跡として、オーストラリア建国時に貢献した囚人たちの功績を知ることができます。

夜はフィッシング・ボート・ハーバー(Fishing Boat Harbour)で漁港の町ならではの味を存分に味わいましょう。 地ビールの醸造所に行ったり、波止場や海辺のレストランで名物のフィッシュ・アンド・チップスを食べてみるのもおすすめです。

詳しくは
ワイルドフラワーガイドへ
フリーマントル

3日目ロットネスト島

3日目はフェリーに乗ってロットネスト島(Rottnest Island)へ。ロットネスト島はインド洋に浮かぶ周囲約40kmの小さな島で、A級自然保護指定国立公園です。車は上陸禁止なのでレンタサイクルで島をめぐりましょう。

オリバー・ヒル(Oliver Hill)には100年以上前に設置された巨大な大砲や地下壕が眠っています。自転車の上から絶景を楽しみながら、塩湖や古い灯台をめざします。さまざまな野鳥や、この島だけに生息するかわいらしい有袋類、「クオッカ」に会えるかもしれません。

島の周辺はさまざまなサンゴ礁に囲まれているため、水の色が場所によって違います。美しい海でダイビングやサーフィンも楽しむのもよいでしょう。1日の最後は島内の古い海辺のパブで夕日を眺めながら夕食を。一泊してのんびりするのもおすすめです。

詳しくは
ワイルドフラワーガイドへ
詳しくはオーストラリア政府観光局
公式サイトへ
ロットネスト島

ロットネスト島 360°

※360°動画を楽しんでいただくためには、最新のブラウザを推奨いたします

パース/西オーストラリア州

その他のパース観光スポット

パースには、その他有名なワイルドフラワーやストロマトライトなど大自然が楽しめる観光スポットがたくさんあります。
7月初旬から12月中旬にかけて、1万2000種のワイルドフラワーが西オーストラリア州では咲き乱れます。西オーストラリア州のワイルドフラワーの見頃やエリア、ワイルドフラワー図鑑など、ワイルドフラワーの魅力をご紹介します。


その他のオーストラリアおすすめ都市の観光情報


パース行き航空券予約


カンタス航空パース行き航空券ガイド


羽田からも成田からもオーストラリアへ毎日出発


1都市3日間で楽しむオーストラリア観光プラン