ホーム > 全豪オープンの歴史 > 歴史年表

全豪オープンの歴史

概要歴史年表歴代の優勝者過去の名試合

歴史年表

1905年に全豪オープンの前身、オーストラレージアン・テニス選手権が誕生しました。それから1世紀以上の歴史を刻み、成長し続けた全豪オープン。創設から現行システムの確立に至るまで、そのターニングポイントをご紹介します。

1905年 オーストラレージアン・テニス選手権(Australasian Tennis Championship)として大会創設。当初はオーストラリアとニュージーランドの共同大会で、男子のシングルスとダブルスの2部門のみ実施。
1916‐1918年 第一次世界大戦のため3年間大会が中止。
1922年 女子のシングルスとダブルス、混合ダブルスの3部門が創設。ニュージーランドとのパートナーシップを解消。この年からオーストラリア単独の大会に。
1927年 オーストラリア選手権(Australian Championship)に名称変更。
1941‐1945年 第二次世界停戦のため5年間大会が中止。
1969年 オープン化され、正式名称も全豪オープン(Australian Open)に変更。
1970‐1985年 混合ダブルスの競技が中止。
1972年 この年から大会会場がメルボルンのクーヨン・テニスクラブに定着。
1987年 この年から開催時期が現在と同じ1月中旬〜下旬に定着。
1988年 大会会場がメルボルンパークに移転。以後、会場が固定される。サーフェイスもグラス(芝)からハードコートに変更。
2000年 ロッドレーバー・アリーナに続き2つ目の開閉屋根式のハイセンス・アリーナが完成。
2008年 全豪オープンの全コートの色がこれまでの黄緑から青色に変わる。

このページのトップへ

観戦ツアー&チケット

ビクトリア州政府観光局

メルボルン行き・オススメ航空券 メルボルン行き・オススメ航空券

ウォークアバウトパス

ビジネスカンガルー

メルボルンガイド

ワンワールド