リバースレー哺乳類化石地域は多くの貴重な化石が発掘されており、オーストラリア独自の進化を遂げた動物の足跡をたどることができる、科学的にも価値が高い地域として1994年に世界自然遺産に登録されました。エリア内は旅行者の立ち入りが禁止されていますが、リバースレー・フォッシルセンターでは、発掘された化石を見ることができます。


リバースレー哺乳類化石地域の基本情報

化石図

クイーンズランド州北西部、ケアンズの西約700kmに位置するリバースレーは、世界最大かつもっとも豊富な化石埋蔵地域として知られています。2,500万年前は多雨林地域だったこの土地からはフクロモグラやニセフクロモモンガのような現存する哺乳類の祖先、またフクロライオンなどすでに絶滅した動物の化石などが発掘され、哺乳類の進化の歴史を知るうえで貴重な資料となっています。


リバースレー哺乳類化石地域の交通アクセス

拠点となるマウント・アイザへは、カンタスリンクでタウンズビルから約2時間、ブリスベンから2時間30分。
マウントアイザからは4WD車での移動、現地での宿泊はキャンプとなります。詳細はRiversleigh World Heritage Site, Boodjamulla (Lawn Hill) National Park(英文)をご参照ください。


マウントアイザの人気アトラクション

大昔へタイムスリップ

拠点となるマウントアイザにある観光案内所を兼ねたリバースレー・フォッシルセンターを訪ねてみましょう。ここでは2,500万年前から1,500万年前まで幅広い年代の化石が所蔵されています。世界最大級の化石センターで、大昔の世界へタイムスリップしたような感覚が味わえます。


ブリスベン行き航空券予約


カンタス航空 航空券ガイド


羽田からも成田からもオーストラリアへ毎日出発


クイーンズランドの世界遺産


クイーンズランド特集