• カンタス航空
  • powered by
ホーム > 基礎知識

基礎知識

基礎知識
クルーズ=豪華客船=私には無理……と決め付けている方、多いのではないでしょうか?でも実は、クルーズは思っているよりずっと便利で手ごろな旅行スタイルなのです。クルーズに関してよく寄せられる質問をもとに、クルーズの魅力をご紹介します。

船旅は退屈ではありません!

船旅は退屈ではありません!
「船旅って退屈なのでは?」と思っている方もいるかもしれませんが、むしろ逆。いざ乗船すると、やることが多すぎてゆったりする時間はとてもありません。クルーズ中に読もうと多くの本を持ち込んだけど、結局一冊も読まなかった……なんて話は、実によく聞きます。

クルーズ客船は3食付きが基本。それに軽食と夜食が提供され、一日5食提供されるのも当たり前です。しかもディナーは1~2時間かけてゆっくりいただくので、食事の楽しみだけでも大きなもの。

しかもクルーズ客船=動くホテル。船内にはショーが楽しめるステージや、屋外プール、高級スパ、映画館などの施設が充実しています。加えて船内ではさまざまなエンターテインメントや講座が開催されています。乗客同士の一芸を競って盛り上がる「ミス&ミスターコンテスト」から、有名な大学教授を招いた「オーストラリアに生息する動物たち」のような知的な講座まで、その種類は客船ごとにさまざまです。

こうした食事やエンターテインメントのプログラムをこなしていると、一日があっという間に終わってしまう・・・それがクルーズなのです。

クルーズは、実は効率的な旅の手段です。

クルーズは、実は効率的な旅の手段です。
「船旅って時間がかかりそうで・・・」と尻込みしている人もいるかもしれません。クルーズは1週間のコースで3~5都市を訪れるのが標準的。陸路だけの移動ではかなり駆け足になりそうですが、クルーズでは寝ている間にも乗っている船が移動してくれるので、実に効率的に移動ができます。しかも各寄港地に着いたら大きな荷物は客室に置き、お財布一つで各地を散策できるので、とても身軽な旅のスタイルなのです。

おしゃれは前向きに楽しんで!

おしゃれは前向きに楽しんで
豪華客船と言うと、タキシードやドレスなどフォーマルな格好が必要で、「着る服がない!」と頭を抱え込んでしまう人もいるでしょう。

でも怖れることはありません。そもそもフォーマルな格好が指定されるクルーズ客船は少なくなってきており、カジュアル客船ではフォーマルデーがない客船も少なくありません。出発前はあれこれ頭を悩ませたけど、ふたを開けてみると「張り切りすぎて、持って行った洋服のすべては着られなかった……」という話をよく耳にします。

もちろん中には男性は全員タキシードを着ている伝統的な客船もありますが、それでも週1~2回程度。前向きにおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょう?

クルーズは、実はコスト・パフォーマンスのいい旅のスタイルです。

クルーズは、実はコスト・パフォーマンスのいい旅のスタイルです。
クルーズ=豪華客船=私には高嶺の花・・・と思い込んでしまって、最初から諦めてしまう人も少なくありません。でもクルーズ代金には、客室の使用料=宿泊代、それから食事代と移動代、すべてが含まれています。クルーズ客船のランクによってその料金はさまざまですが、昨今はカジュアル客船と呼ばれる比較的手ごろな料金の客船も数多くあり、なんと1泊1万円以下でクルーズできる客船も少なくありません。

考えてもみてください。ホテル代を払って、3食の食事代を払って、それから移動代を払って……これらがすべて代金に含まれているのがクルーズ。よくよく計算したらクルーズのほうがずっとお得だった!なんてこともあるのです。

実際、クルーズ=お金持ちの旅行スタイルというイメージがあるのは、日本のみ。クルーズが盛んな欧米ではクルーズ=ファミリーで楽しめる手ごろな旅行スタイルとして定着していますし、中には卒業旅行で学生同士のグループが多く乗る客船などもあるんですよ。
サイトを共有する
おすすめリンク