• カンタス航空
  • powered by
ホーム > 寄港地ステイ

寄港地ステイ

寄港地ステイ
客船の先に広がる、街の景色。寄港地が近づいてくると、心が躍ります。特にオーストラリアは沿岸部分に沿って美しい港町が点在しているから、寄港地の過ごし方も充実。たとえば1週間のシドニー発ケアンズ行きのクルーズの場合、途中ブリスベンやグレートバリアリーフの島、そしてグレートバリアリーフのお膝元ケアンズなどに寄港するのが一般的です。こういった寄港地では、どんな過ごし方があるのか。下記にまとめてみました。

寄港地での過ごし方

街や観光地を散策

自力で街や観光地を散策 自分らしい時間の過ごし方をしたい人は、自力で観光するのがお勧め。特に沿岸部に港町が点在しているオーストラリアの場合、港から街の中心地がほど近い寄港地が多く、効率的に観光できるのが魅力です。特にシドニーは「世界三大美港」に数えられるほどの港。海洋博物館あり、魚市場あり、歩いて散策するのが楽しい街です。
詳しくはこちら

寄港地ツアーに参加

寄港地ツアーに参加 多くの客船が「寄港地ツアー」と銘打って、乗客向けのツアーを実施しています。有料なことがほとんどですが、客船から直接参加できて効率的なうえ、その船会社ならではの個性あふれるツアーがたくさん。特にラグジュアリーな客船になると、普段観覧できない史跡を覗けたり、またプライベート・ヘリコプターをチャーターして遊覧飛行などダイナミックなツアーが設けられていることがあり、唯一無二の体験ができるはずです。
詳しくはこちら

地元のツアーに参加

地元のツアーに参加 せっかくその地に来たのだから、地元ならではの楽しみをしたい! でもできれば効率的に観光地をめぐりたい! そんな方にお勧めなのが、地元のツアーに参加すること。特にオーストラリアの観光地では2~3時間のツアーもあるので、街のインフォメーションセンターなどで聞いて見るのも面白いでしょう。
詳しくはこちら

サイトを共有する
おすすめリンク