• カンタス航空
  • powered by
ホーム > オーストラリアで乗船できるクルーズ客船 > オリオン・エクスペディション・クルーズ

オリオン・エクスペディション・クルーズ

オリオン・エクスペディション・クルーズ

船会社の特徴

特徴
(撮影:水本俊也)
「エクスペディション」とはすなわち、「探検」の意味。乗客100人程度、クルーズ客船の中ではかなり小型の2隻を運航し、その名のとおり大自然が楽しめるワイルドな地を航行します。

オーストラリアであれば、手付かずの自然が残る西オーストラリアクルーズが人気。そのほかたとえば南極やボルネオ島のジャングルなど、アクセスがしづらい秘境の数々をめぐっています。乗客は探検好きのオーストラリア人が多く、彼らとのコミュニケーションも、きっと忘れられない旅の思い出になるはず。

また同社のクルーズには「エクスペディション・リーダー」と呼ばれる、いわば自然遊びの専門家が乗船します。彼らの自然や野生動物に対する知識は、まさに学者レベル。秘境を体験するだけでなく、秘境を「学べる」クルーズなのも人気の一端です。
URL(英語):www.orionexpeditions.com

日本での取り扱い旅行会社:

(株)ジェイバ www.jeibacruise.jp/orion/index.html

代表的な客船 オリオンII

設備・サービス
代表的な客船は、「オリオンII」。2011年に就航したばかりの最新船で、就航後すぐに日本の北、カムチャッカ半島をクルーズしたことでも話題になりました。行き先はワイルドな秘境ながら、施設は一流ホテルなみ。しかも乗客定員100人に対し、乗組員は70人と手厚いサービスが受けられます。客室も落ち着いた雰囲気で、外は絶景、中は一流! という極上クルーズを楽しみたい人にぴったりな客船です。

シップデータ

総トン数 4,077トン
全長 88メートル
全幅 15.3メートル
巡航速度 14ノット
乗客定員 100人
乗組員数 70人
客室数 50室

サイトを共有する
おすすめリンク