ホーム > カンガルー通信 > ぬくいゼ! メルボルン !! ■レポーター: 『パーゴルフEXE』ライター
カンタス航空がご紹介するオーストラリアの最新トレンドや、雑誌・テレビの取材クルーが体験したホットな旅の楽しみ方をたっぷり詰め込み発信中!
体験レポート  雑誌・テレビ情報 

ぬくいゼ! メルボルン !! ■レポーター: 『パーゴルフEXE』ライター

関連エリア:  ビクトリア州,


10月の終わりに、サックス演奏家・渡辺貞夫さんとともに、『パーゴルフEXE・2007冬号』の取材でオーストラリア・ビクトリア州メルボルンに行ってきました。メルボルンの紹介と併せ、メルボルン近郊のロイヤル・メルボルンGC、ヘリテージCCなどのゴルフ場取材がメインです。


オーストラリアと聞いて、真っ先にメルボルンを思い浮かべる日本人というのは少数派なんじゃないでしょうか?たいていはシドニーとか、ゴールドコーストとか、ケアンズとか......。人気のハネムーン先ですもんね。まあ、ぼくもこれまではそのケアンズしか知らなかったわけですが、今回のオーストラリア取材で認識が変わりました。そう、オーストラリアといえばメルボルンです!知らない人も多いと思うけど、けっこうなアナ場ですよ、メルボルン。


どんな街かって!?ひとことで言うと"ぬくい"んですね、これが。ぬくぬく......。何て言うかなあ、街全体が"陽だまり"っていう感じ。当地の季節は春で、気温はそんなに高くはなかったのだけど、街の雰囲気がホントに心地よかったです。


まず第一に街が清潔です。通りにゴミなんてほとんど落ちていないし、怪しそうな人も見かけない。ゆったりと流れるヤラ川、芝生に寝転べる公園、そして街中にあふれるアーティスティックなモニュメントなど、そのどれもが訪れる人をほっとさせてくれる雰囲気です。



シティ
市街地・シティには、19世紀に建てられたという古い建物がいっぱい。落ち着いた雰囲気です。こちらはフリンダース・ストリート駅。トラムと呼ばれるレトロっぽい路面電車は、市民の足として欠かせない存在です。
シティと呼ばれる市街地の北側に「クイーン・ビクトリア・マーケット」という市場があります。世界中の食材や雑貨、衣料品などが集まる大きな市場であるにも関わらず、いかがわしい雰囲気一切なし。いい雰囲気なんです。貞夫さんもすっかりご機嫌で、ストリートで演奏していた音楽に乗って踊りだしちゃっていました。クルマで移動販売しているドーナツは絶品ですよ。



レーン
レーンと呼ばれる細い路地には、カフェが軒を連ねます。ラテやらカプチーノやら、種類豊富なコーヒーがおいしいッス。
メルボルンがぬくいのは、食べ物もおいしいから。「ドノヴァンズ」は、ビーチを眺めながら極上のシーフードがいただけます。ステーキなら「ヴラドス」がおすすめ。こちらは、メルボルン交響楽団終身桂冠指揮者の故岩城宏之さんが大好きだったという店で、素敵なおじいちゃんがめっちゃおいしいステーキを焼いてくれます。


そうそう、メルボルンはいまちょっとした和食ブームみたいです。駅のスタンドやコンビになど、いたるところで「SUSHI」が売られています。太巻きみたいなのとか、握りみたいなのです。でもまあ、日本人から見たらあくまで"みたいなの"ですから。当たり外れ、けっこうありますよ。



夜のシティ
夜のシティもなかなかいいムード。ヤラ川に映る夜景がロマンチックです。好きな人と一緒に歩いてみたくなるでしょ!?
女のコが一人で歩いていても安心な街だから、海外旅行にちょっとしたスリルを求めている向きにはもの足りないかもしれません。そんなスリルをお求めのあなたはカジノへどうぞ。街いちばんの豪華ホテル「クラウン・タワーズ」のカジノは南半球最大です。


でもここも意外にぬくぬく。なぜって、日本では競馬だって宝くじだってTOTOだって当たらないぼくのような人間にも、少〜しだけ勝たせてくれたから。このあたりも「メルボルン、ぬくい!」のゆえんですね。



デューンズGL
本文ではすっかりゴルフの話をするのを忘れてしまいましたが、オーストラリアはパブリックコースが充実しています。モーニントン半島にある「デューンズGL」もパブリックです。荒地同然のコース内に距離表示は一切ないので、残り距離はマップを見ながら自分で考えなくてはなりません。実力が試せるコースです。
今回、渡辺貞夫さんも初めてのメルボルン体験。「人も街も穏やかでいいところだねえ」と、しみじみおっしゃっていました。ホントに穏やかなんですよ、メルボルン。


そういう意味では、海外旅行ビギナーに最適な場所の一つだと思います。ハネムーンとか、フルムーンとか、大好きな人と一緒にお出かけください。


今回取材した「渡辺貞夫 in メルボルン」は、12月1日発売の『パーゴルフEXE・2007冬号』(学研・980円)でどうぞ。貞夫さんが、メルボルンの街とゴルフの魅力をきっちり紹介してくれています。


pargolf exe.(2007 Winter)

〜初夏のオーストラリアンゴルフで優雅な休日!〜
ゴルフをキーワードに、旅や文化を楽しむ大人のための新ゴルフ雑誌「パーゴルフエグゼ」。今回の巻頭大特集は、「究極の避寒リゾート オーストラリアンゴルフ」。枯れ芝の日本から飛び立って、夏真っ盛りのオーストラリアで、ちょっと贅沢なリゾートゴルフを満喫。音楽家の渡辺貞夫が体験レポートします。そのほか、出揃ったSLEルール元年の主要メーカーエースドライバーの実力診断、文壇の巨匠丹羽文雄のゴルフ学校、温泉や鍋の冬ゴルフの楽しみなど、内容もりだくさん。お求めは、全国書店、またはショップ学研 ( http://shop.gakken.co.jp/ )にご注文を。

2007年12月1日発売/定価¥980/学研

http://www.par-golf.com/ 

このページのトップへ


カンガルー通信トップ

カテゴリで選ぶ

 

ニュース

カンタス航空

体験レポート

雑誌・テレビ情報

エリアで選ぶ

 

バックナンバー

 

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

オーストラリアへの旅を探す

 
icon

便利な「直行便」をカンタス航空の
お得な「スーパーカンガルー」で!

oneworld

カンタス航空は
ワンワールドのメンバーです。