ホーム > カンガルー通信 > メルボルン、肉食紀行 ■レポーター: ライター 佐藤史子
カンタス航空がご紹介するオーストラリアの最新トレンドや、雑誌・テレビの取材クルーが体験したホットな旅の楽しみ方をたっぷり詰め込み発信中!
体験レポート  雑誌・テレビ情報 

メルボルン、肉食紀行 ■レポーター: ライター 佐藤史子

関連エリア:  ビクトリア州,

佐藤史子

ライター


今回の旅で得た結論。それは、メルボルンはパラダイスであるということ。何のパラダイスかというと、おいしい肉類が大好きな"肉食ピープル"の楽園である。 4泊6日のメルボルン取材で出会った数々の「肉」のうち、まず筆頭に挙げたいのが、ヤラ・バレーは「シャトー・イェーリング・ヒストリック・ハウス」のもの。メインダイニングである「エレノアズ」は、メルボルンから車で1時間の距離を惜しんで、ヘリコプターで駆けつけるセレブもいるという名店である。


初秋の幸が並ぶ前菜のリストを眺めて、私の視線は「ウズラのロースト」に釘付けとなる。続くメインの欄では「鹿肉のレアロースト」から目が離せない。


もちろん、魚介類のメニューも多いだけに、内心、このセレクトではどんだけ肉好きだと失笑を買わないかと周囲を伺った小心者の私。が、向かい側の同行者(若くてかわいい女子)が「焼きウサギのロース肉、おいしそぉぉぉ!」とつぶやくのを聞いて安堵する。...愛くるしいウサギを容赦なく「おいしそう」。メルボルンは女子の平常心を乱す魔力があるに違いない。


ウズラのローストウズラのロースト
で、そのお味。まずウズラは、小骨を丹念に取り除いた上でフォアグラが詰められている。控えめなペリゴール風ソース(牛肉のワイン煮込み汁のような味)とともに食べると、モッチリした肉の向こうに淡白なウズラの味がじんわりしみてくる。


メインの鹿は、肉汁が滴る真っ赤な肉に、チョコレート・ラズベリーのソースがトロ〜リ。というか、今まで生きてきて、これほど分厚い鹿肉を見たことがありません。鹿とは思えないほど100%くさみがなく、その代わり口の中でジュワーッとあふれ出す肉汁はまろやかで、確かな「肉」の味が噛むほどに美味だった。


鹿肉のロースト鹿肉のロースト・ラズベリーソースがけ
子羊のサドル肉のスモーク子羊のサドル肉のスモーク。これも食べたかった!




クイーン・ビクトリア・マーケットのラム肉クイーン・ビクトリア・マーケットのラム肉。肉食ピープルには魅力のデカさ
今回の取材の裏テーマに「食肉ハンター」を決めていた私は、メルボルンの市場でも精肉コーナーを偵察。普通に個人向けのお肉屋さんだけに、カットした肉類が並ぶ。が、この大きさときたらどうですか、奥様!と叫びたくなるほどに一切れがデカい。光り輝くような美しい肉の見せ方も見事で、この街の食肉魂を見る思いである。もちろん、言うまでもなく激安。


この他でもダックやポークを次々に平らげ、さすがに胃腸がヘタれきてきた最終夜。訪れたのは、ヤラ川沿いにある「ブラッセリー・バイ・フィリップ・ムッシェル」。日曜の夜のこの日は地元っ子で満席という人気店だ。


ここで、今回はまだオージービーフを食べてないことに気付いた私は「牛テンダーロインステーキ・ブラックオリーブソースがけ」を指名。胃腸や体重計を気にしてる場合じゃない。ここは不退転の決意で行くべし。


「オージービーフっておいしくない」と思われている方は、ちょっと一度現地に行ってみていただきたい。あちらで食べる良質ビーフは、信じられないほど柔らかい。日本でヨシとされる脂を味わうかのような肉ではなく、あくまでも基本は力強い赤身。なのに、歯に吸い付くかのような弾力があり、噛めばふわりとノドを通っていく。マグロと同じで、食べれば食べるほどハマる赤身の旨さがある。


そうした上質な肉をさらにおいしくするのが、名うてのシェフたち。フィリップ氏も日本を含めて世界各地で修業経験を持ち、各国の料理文化を融合した繊細な味付けは、同行者一同をうならせた。テンダーロインステーキも柔らかさに感動し、滋味に感動し、窓の外で始まったファイヤーボールなんか目に入らないほどであった。


ワイナリーでチーズを試食ヤラ・バレーのワイナリー「デ・ボートリー」でチーズを試食
ビクトリア州は、オーストラリアでも農業が盛んな地域のひとつで、肉以外に乳製品や野菜も豊富。生鮮食品に関しては、まだまだ産地別・生産者別に流通するようなシステムは整っていないという。逆をいえば、近郊産の新鮮食材を当たり前のように食べてるぜいたくな都市ってことなのだろう。自称食肉ハンター的にはもう少し産地の情報が欲しいところだが、食に不安のない現在の状態をキープしてほしいとも思う。


山羊のチーズのおいしさにも感動した私は、次はチーズの旅にするかなどと思い始める始末。メルボルンは食のパラダイスだけど、女子にはちょと危険な街かもしれない。


ビクトリア州政府観光局ニュースレター(増刊号)

ビクトリア州政府観光局が3ヶ月毎に発行する、「ビクトリア州政府観光局ニュースレター」。増刊号の今回は『女性だらけの!Ladies Tour Famil 2008』と題し、「女性限定!」というユニークなコンセプトのもと、メルボルンと近郊の最新注目スポットをめぐりました。ツアーの模様とともに、人気プロダクトを一挙にご紹介します!

2008年6月発行/ビクトリア州政府観光局

http://japanese.visitmelbourne.com/melbourne/travel-info/tourism-victoria-newsletters.html 

このページのトップへ


カンガルー通信トップ

カテゴリで選ぶ

 

ニュース

カンタス航空

体験レポート

雑誌・テレビ情報

エリアで選ぶ

 

バックナンバー

 

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

オーストラリアへの旅を探す

 
icon

便利な「直行便」をカンタス航空の
お得な「スーパーカンガルー」で!

oneworld

カンタス航空は
ワンワールドのメンバーです。