ホーム > カンガルー通信 > ブルース・ベレスフォード監督最新作『小さな村の小さなダンサー』
カンタス航空がご紹介するオーストラリアの最新トレンドや、雑誌・テレビの取材クルーが体験したホットな旅の楽しみ方をたっぷり詰め込み発信中!
ニュース 

ブルース・ベレスフォード監督最新作『小さな村の小さなダンサー』


オーストラリア、シドニー出身の名匠ブルース・ベレスフォード監督の最新作『小さな村の小さなダンサー』が8月よりBunkamuraル・シネマ、シネスイッチ銀座 他、全国ロードショーとなります。


映画の原作となっているのは、リー・ツンシンが自身の人生について綴った自伝「小さな村の小さなダンサー」(徳間文庫)。

オーストラリアでは1年半に渡ってトップテンのリストに名前を連ね、『ドライビングMissデイジー』の名匠ブルース・ベレスフォード監督と、『シャイン』のスタッフが集結し、中国出身の名ダンサー、リー・ツンシンの半生を映画化した感動作が完成しました。

幼い頃から英才教育を受け、ダンサーとして成長していくリー役を英国バーミンガム・ロイヤル・バレエのプリンシパル、ツァオ・チーが演じました。見事な映画デビューを果たし、真迫のバレエシーンの数々も。まさに中国版『リトル・ダンサー』ともいうべき新たなダンス映画の傑作が誕生です。

海外では「これほど華麗で、魅惑的なバレエシーンはかつてなかった」(トロント・スター)、「ブルース・ベレスフォードの最高傑作のひとつ」(シドニー版タイム・アウト)と多くのメディアに絶賛され、サンパウロ国際映画祭では、見事に観客賞を受賞しています。

劇中のダンスシーンは、オーストラリア・バレエ団(日本で10月公演予定)の数多くの作品を手掛けた振付師、グレアム・マーフィーの協力を得て構成されています。


>> 『小さな村の小さなダンサー』公式サイト


このページのトップへ


カンガルー通信トップ

カテゴリで選ぶ

 

ニュース

カンタス航空

体験レポート

雑誌・テレビ情報

エリアで選ぶ

 

バックナンバー

 

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

オーストラリアへの旅を探す

 
icon

便利な「直行便」をカンタス航空の
お得な「スーパーカンガルー」で!

oneworld

カンタス航空は
ワンワールドのメンバーです。