ホーム > カンガルー通信 > シドニー キングスフォードスミス空港(オーストラリア、シドニー)
カンタス航空がご紹介するオーストラリアの最新トレンドや、雑誌・テレビの取材クルーが体験したホットな旅の楽しみ方をたっぷり詰め込み発信中!
体験レポート  雑誌・テレビ情報 

シドニー キングスフォードスミス空港(オーストラリア、シドニー)

ニューサウスウェールズ州,

世界各国の空港を紹介する番組、「ワンダーエアポート」が今回紹介するのは、シドニー キングスフォードスミス空港。この空港は1911年にニュージーランド人、ジョゼフ・ジョエル・ハモンドが現在のシドニー空港がある場所にあった競馬場で開かれたイベントでデモ飛行をしてから、今年で開港100周年を迎えたそうだ。


この番組は空港の紹介のため、取材の殆どの時間を空港で費やすことになる。3日も空港にいれば、どこでも慣れてきてしまうものである。今回の空港取材でシドニー空港に居心地の良い場所を3箇所見つけた。



wonderairport02.jpg

まず、国際線ターミナル1にある「テラス・カフェ」。ここではオーストラリアワインを何種類も飲めるし、現地で流行りWAGYUビーフ・バーガーが食べられる。WAGYUとは日本にルーツを持つ和牛を、現地で育てたオージービーフらしい。$19.90とハンバーガーにしてはちょっと値段はるが、なかなかボリュームがあって満足。オープンカフェの上には展望台もあって飛行機の発着がシドニーの街をバックに見えてとベストビューポイントだ。



wonderairport03.jpg

2番目は、ターミナル3(カンタス空港専用国内線)ゲート13の近くにある、カンタス・ヘリテージ・コレクション。1920年に誕生したカンタス航空の歴史が展示されている。2人の元イギリス空軍パイロットが創業に至るまで、初めて導入されたB707など航空界のパイオニアであるカンタス誕生と成長の過程が展示されている。



wonderairport04.jpg

3番目は、昨年約500億円をかけて改装オープンされた新出国ターミナルビル。イミグレーションを通過後の時間が楽しくなる広々とした空間にゆったりと座れるソファがあり、乗り換えの時間がありすぎても苦にならないぐらい充実している。ショップは欧米のブランドから、Appleストア、SONYストアまであり町中で買い忘れたものでも十分ここで対応できそうだ。



BS日テレ WONDER AIRPORT

空の旅をもっと面白いものにするための方法をお教えします!この番組では世界中の空港の楽しみ方や、航空会社のサービスを徹底解剖。旅行に興味のある人や航空マニアの好奇心を満たす深くて濃い内容を、美しい映像とともにお届けします。これを見れば「空の旅をしたい!」と思うこと間違いなし! 今回はオーストラリア最大の空港・シドニー空港とカンタス航空についてご紹介します。

2011年6月28日(火)放送予定/BS日本 (BS-Ch4)

このページのトップへ


カンガルー通信トップ

カテゴリで選ぶ

 

ニュース

カンタス航空

体験レポート

雑誌・テレビ情報

エリアで選ぶ

 

バックナンバー

 

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

オーストラリアへの旅を探す

 
icon

便利な「直行便」をカンタス航空の
お得な「スーパーカンガルー」で!

oneworld

カンタス航空は
ワンワールドのメンバーです。