ホーム > カンガルー通信 > オーストラリアのワーキングホリデー制度特設ページを開設
カンタス航空がご紹介するオーストラリアの最新トレンドや、雑誌・テレビの取材クルーが体験したホットな旅の楽しみ方をたっぷり詰め込み発信中!
ニュース 

オーストラリアのワーキングホリデー制度特設ページを開設


オーストラリア政府観光局は、オーストラリアのワーキングホリデー制度に対するより一層の認知向上を目的に、オーストラリア政府観光局サイト内に特設ページを開設しました。


ワーキングホリデーフェイスブックこの オーストラリアのワーキングホリデー制度を紹介する特設ページでは、オーストラリアが渡航先として選ばれる理由を解説するほか、体験者のインタビューや、渡航までの準備などの情報を紹介しており、是非ともワーキングホリデーに興味ある方にご覧いただきたい内容です。


昨今、日本では世界を舞台に活躍できるグローバル人材の需要が高まりつつあり、留学や海外で働きながら休暇が取れるワーキングホリデー制度に注目が集まってきています。その中でもオーストラリアのワーキングホリデービザを取得する日本人は年間約8,000人に上ります。(*1)


オーストラリアがワーキングホリデー先として選ばれる5つのポイント:

  • 多民族・多文化国家のオーストラリア:200カ国から移民を受け入れており(*2)グローバルな見地を身につけることができる。
  • 親しみやすいオージー気質/国民性:気軽に英語でコミュニケーションが図れるため、日本人が苦手なコミュニケーションの壁を克服するには最適な環境である。
  • 暮らしやすい国:自然が豊かで、「世界でもっとも住みやすい街」に選ばれたメルボルンをはじめ、アデレード、シドニー、パースもトップ10にランクイン(*3)するなど、暮らしやすい環境である。
  • 最低時給16.37豪ドル(*4)で比較的高水準である。
  • Second Working Holiday visaのシステムがあるので、労働条件付きで最長2年までの滞在が可能である。

ワーキングホリデーでのオーストラリアへの渡航には、最長1年間の滞在まで有効な「スーパーカンガルー」をご利用ください。


ワーキングホリデー制度を紹介する特設ページはこちら


参照資料
*1: Australian GovernmentWorking Holiday Marker visa program report 30 June 2013
*2: Department of Foreign Affairs and Trade April 2008
*3: 2013 Survey by Economist Intelligence Unit in UK
*4: Australia Fair Work Commission


このページのトップへ


カンガルー通信トップ

カテゴリで選ぶ

 

ニュース

カンタス航空

体験レポート

雑誌・テレビ情報

エリアで選ぶ

 

バックナンバー

 

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

オーストラリアへの旅を探す

 
icon

便利な「直行便」をカンタス航空の
お得な「スーパーカンガルー」で!

oneworld

カンタス航空は
ワンワールドのメンバーです。