ホーム > カンガルー通信 > 三越伊勢丹テイストフルカタログ撮影記(2)
カンタス航空がご紹介するオーストラリアの最新トレンドや、雑誌・テレビの取材クルーが体験したホットな旅の楽しみ方をたっぷり詰め込み発信中!
体験レポート  雑誌・テレビ情報 

三越伊勢丹テイストフルカタログ撮影記(2)

ビクトリア州,

綾田純子

クリエイティブ・エディター



はじまりは、電話でのたわいないやりとりから。
友人でありアーティストのMelindaに絵の依頼をしたのがきっかけだった。


クリスマス休暇でメルボルンへ帰国する彼女が浮かれ気味に言った「真冬の日本で夏服の撮影!? Oh, 一緒にオーストラリアに来て撮影すれば(真夏だし)? 私に絵を描かせるより簡単よ、ハハハ」を「いいね!」と真に受けてみたのだ。
 
メルボルンを訪れたのは15年前。(思えば、この旅でMelindaとも知り合ったのだった)
仕事・プライベート含め、いろいろな都市を訪れたものの、とりわけ温かな記憶を残すのがこの街だった。英語が話せなかった当時の私に、フレンドリーなメルボニアン(メルボルンに住む人)との触れ合いが、まるで住んでいるような気持ちにさせてくれたことを思い出す。
もし撮影が可能になれば、真夏のロケーションとしてというよりも、メルボルニアンの自然と都市が重なり合うような暮らしぶりが垣間見られるようなものを作りたい、とイメージは膨らんでいった。それからはまさに体当たりの連続技、というより、人もお金も時間に関しても「もう奇跡!」ということが連続してくれて、果たして「念ずれば通ずる」の言葉通り、カンタス航空を始めいろいろな方々の協力のもと、1月初旬のメルボルンロケは実現の運びとなった。
 
説明が遅れたが、今回の撮影は三越伊勢丹のキッズウェアのカタログのためのもの。伊勢丹と言えばファッション!TOKYOを象徴する感度の高さはキッズも同様なのだ。特に、オーガニックなライフスタイルをテーマに編集される「テイストフルスタイルショップ」はデザイン性だけでなく、自然の風合いを生かした素材や確かな製造などプロセスにも力が注がれている。今のファッションを象徴するセレクトは、一見オーソドックスなスタイルながら一つ一つにバイヤーの方達の情熱を感じる。まさにメルボルンという街にぴったりではないか!
http://www.isetan.co.jp/icm2/jsp/shops/baby_kids/tasteful/index.jsp
 
20140228_tasteful_style_02.jpg1月7日、メルボルン空港に降り立った。気温26度。夏の匂いと相まって何だか体がほぐれるのを感じる。時刻は11時。時間はたっぷりあるのだ。
20140228_tasteful_style_03.jpgホテルに荷物を置いて、打ち合わせ・ロケハン・オーディションを済ませると、先の友達・Melindaの紹介で、たくさんの親子の家を尋ねた。一応これもモデルオーディションだったので、子ども達の自然な表情や親子のやりとりを見ていたのだけれど、どの子どもたちも甲乙など付けられないほど輝いていて結局全員登場してもらうことになる。それにしても、親は親らしく・子どもは子どもらしくある光景は、どこか懐かしい気持ちにもさせた。大人は子どもが安心して過ごせる環境を責任をもってつくり、守っている。街中に大きな公園や素晴らしいマーケットが点在するのもその一つだと思う。羨ましくもあり、日本でもできることはたくさんあるはず、とも思ったり。フォトジェニックな場所をたくさん見せてもらったものの、より日常感のある場所や設定を選んだのは、そんな理由から。
 
ロケ場所は友達の家を借り、撮影小物なども彼らが使っているものを拝借した。
「出来るだけ普段通りに」と言っても、子どもも大人もちょっぴり緊張(&ワクワク)。

20140228_tasteful_style_04.jpgままならない英語でのコミュニケーションではあったが、画面を見ながら少しずつ一体感が強くなるのを感じるとうれしい。子どもの撮影のアットホームなムードはどこであっても変わらない。子どもの笑顔や笑い声は、周りをたちまち辺りを明るくするし、「adorable(かわいい)!」という感覚も世界共通だ。
 
20140228_tasteful_style_05.jpgみっちりと詰まった4日間のスケジュールが終了。
果たして撮影は、Melindaとその友人たちの協力、素晴らしいコーディネーターの理子さん(SAKURA HOUSE)+伊勢丹宣伝部の理子さん="W理子"コンビの明るさと判断力、加藤さん&早川さんの素晴らしい想像力でとてもとてもすばらしい仕上がりとなった。
最終日は皆すっきりした顔で、「楽しかったー!」と言ってくれたのがとてもうれしかった。
観光大使でも何者でもないけれど、大事な時間を預かったのだから、やっぱりいい記憶にしたいという気持ちと、クリエイターが「好き」と「楽しい」で真剣に取り組んだ仕事は必ず結果に表れると信じているから。
少しの間でも私たちと関わってくれた現地の人たちはどうだろう?「あの日本人なんか面白かったね」とか、その瞬間もその後も少しでも新しくて・良い記憶であってくれると最高なのだけど。いずれにせよ、それが「出来上がったものを見て自慢してくれるものにしたい」という新たなモチベーションになってくれた。
 
メルボルンには、まだまだ素敵な何かが潜んでいるような気がする。「来年も必ず来なくては!」思うのが、私たちみんなの感想だった。

 
最後におすすめのレストランメモ:
 
20140228_tasteful_style_06.jpgオーガニックのイタリアンが楽しめる「WESLEY ANNE」は、現地の友人のお気に入り。「Happy hour」ならぬ「Happy Luch」というシステムは、時間帯で2 plateが1plateの料金になる。物価の高いオーストラリアではうれしい。もちろん味もばっちり。テラスを改装した雰囲気もおしゃれ。
 
WESLEY ANNE
http://wesleyanne.com.au/

 
20140228_tasteful_style_07.jpgワインス好きなコーディネーターの方が、最終日に連れていってくださったヤラバレーのレストラン「De Bortoli」。料理もワイン、ロケーション共に最高!お店の方に話を聞きながらお土産のワインも調達。
 
De Bortoli
http://www.debortoli.com.au/

20140228_tasteful_style_08.jpg川沿いのレストラン「Il Primo Posto」でビジネスディナー。美味しい料理とリラックスした雰囲気でたちまち和やかなムードに。遅くまでヤラ川沿いを歩きながら、夏の日長を楽しむ人々。
早起きのスタッフは翌朝も、川沿いのカフェでブレックファスト&散策も満喫していた様子。
 
Il Primo Posto
http://www.ilprimoposto.com.au/

 
アジアンが恋しくなったらチャイナタウンへ。リーズナブルにおいしい飲茶が楽しめる。特に中国茶にほっとする。人気の「上海水餃子」は次回のお楽しみに。
 
上海水餃子
http://www.utravelnote.com/australia/food/camy
 
 



 
カメラマン:加藤新作
http://www.katoshinsaku.com/
 
スタイリスト:早川すみれ
http://sumile8elimus.tumblr.com/
 
デザイン:SIUN
http://www.siun.jp


三越伊勢丹テイストフルカタログ

長く愛着をもって楽しめるファッションアイテムやハンドクラフトのおもちゃなど、各国のさまざまな文化を感じさせる選りすぐりを集めたフロア「テイストフルショップ」のシーズンカタログ。
 
日本語
http://www.isetanspecial.com/book/tastefulstyle14ss/jp
英語
http://www.isetanspecial.com/book/tastefulstyle14ss/en

このページのトップへ


カンガルー通信トップ

カテゴリで選ぶ

 

ニュース

カンタス航空

体験レポート

雑誌・テレビ情報

エリアで選ぶ

 

バックナンバー

 

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

オーストラリアへの旅を探す

 
icon

便利な「直行便」をカンタス航空の
お得な「スーパーカンガルー」で!

oneworld

カンタス航空は
ワンワールドのメンバーです。