ホーム > カンガルー通信 > オーストラリアで農業体験を通じてできる文化交流WWOOFの視察旅行(後編)
カンタス航空がご紹介するオーストラリアの最新トレンドや、雑誌・テレビの取材クルーが体験したホットな旅の楽しみ方をたっぷり詰め込み発信中!
体験レポート 

オーストラリアで農業体験を通じてできる文化交流WWOOFの視察旅行(後編)

クイーンズランド州,

滋田謙治



視察旅行を体験して
wwoof2_02.jpg私自身はWWOOFを体験したこともなければ、Australiaも初体験、さらに英語も話せません。しかし、ホストを訪問して確認したり、帰国後にWWOOF体験者のお話を伺ったりして分かったことは、WWOOFは本来の趣旨通り、賃労働を目的としていない、「交流」を目的としているということです。ホストの中には、WWOOFもワーホリも、その他の制度も区別なく同様な感覚で労働力と解釈している方もいる様です。今回お訪ねしたホストは、WWOOFerが母屋でホストの家族と一緒に寝起きし、食事を共にし、一緒に余暇を楽しむ、帰国後も連絡を取り合いお互いのことを心配する、こういうことを当然のこととして生活しています。その生活の一部にWWOOFがある。そんな羨ましい生活スタイルを見せていただきました。
今回の旅行ではホスト訪問のほかにも、いろいろな方にお世話になりました。そこでも羨ましい生活スタイルを感じたのは、WWOOFだからだけではなく、Australiaだからなのかもしれません。大きな自然の中で少ない人間が生活し、先住のアボリジニの文化を持っているAustraliaは、狭い国土でお互いに肩を接して生活している日本とは当然に考え方が違いましょう。そんなAustraliaを体験するのに、WWOOFはとても素晴らしい手段だと思います。また、AustraliaはWWOOFがとても似合う国です。WWOOFを労働と捉えるか体験と捉えるか、考え方ひとつでその経験はその意味を大きく変えるような気がします。
多くの人にWWOOF登録をしてAustraliaを見てきてほしいと思います。ホスト探しが心配でしたら、WWOOFジャパンに相談すれば最良のホストを選んでもらえると思います。
 
美しい町Cooktown
wwoof2_01.jpgCooktownは1770年ジェームズ・クックがエンデバー号を修理するために上陸した場所です。人口2,000人弱の小さな町ですが、とても美しいところです。
まずは、Cairns近郊のKurandaから海沿いの街道に戻り、海岸に沿って途中フェリーでクロコダイルのいる河を渡り、ジョングルの中の道を140㎞北のCape Tribulationへ向かいます。Cape Tribulationのビーチハウスに泊まります。海岸沿いのジャングルの中にたくさんのコテージが並び、多くの宿泊客が来ています。周りからは聞きなれない鳥の鳴き声が聞こえ、飛べない鳥が歩き回り、海岸へ出ればヤシの木とどこまでも続く水平線です。
翌朝、Cape Tribulationから200㎞ほど北上すればCooktownなのですが、この先の道はオフロード車でなければ走れません。我々の車は小さなセダンですので、ここから100㎞ほど戻り内陸の道を更に250㎞ほど走ります。内陸の道は時々丘を越えながら見渡す限りの疎らなユーカリの林の中を続きます。
CooktownではWWOOFジャパンの手配をされている方の知人の家にお世話になります。この方は鹿八800㎞に参加してくださっている方で、釣りやジャングルクルージング、バードウォチング、BBQなどを体験させていただきました。
CooktownからCairnsに戻ります。再び350㎞のドライブです。Cairnsでは安宿に泊まり、WWOOFジャパンの手配をされている方の知人宅を訪ねBBQをごちそうになりました。この方は子供のころ日本で育ち、日本の女性と結婚しケアンズに住んでいます。訪ねた途端、流暢な日本語がとめどなく流れ、Australiaにいることを忘れてしまいました。CooktownでもCairnsでも自宅にプールのあるお宅が多く、このお宅でも最近プールを作られたそうです。宿は若い女性やお年寄りのご夫婦、日本の女性も宿泊していました。翌日はGreat Barrier Reefの小さな砂の島Michaelmas Cayでシュノーケリングの体験です。その後、民泊(住宅を宿として開放している)に宿泊し、Australia在住の日本人女性と朝食を取り、空港に向かいます。
 
時間が使える若いうちに、是非WWOOFでAustraliaを体験してみることをお勧めします。
 
-----------------
WWOOF[ウーフ] とは?
World Wide Opportunities on Organic Farms「世界に広がる有機農場での機会」の頭文字で、お金のやりとりのない、人と人との交流です。
 
WWOOFのサイトを通し様々な人と友達になり、その関係性を深化させ、オーガニック生活を知り、新しい知見を得て、価値観の多様性を感じ、自分を向上させていくものです。家族のような気持ちで、何をしたら相手が喜んでくれるかをお互いが念頭に置きながら一緒に短い間生活します。
「食事・宿泊場所」を提供する側をホストといい、「力」を提供する側をウーファーといいます。
単なる交換ではなく、WWOOFではホストとウーファーとの温かなコミュニケーションを大切にしています。
 
WWOOF についての詳細はこちらをご覧ください。
https://www.wwoofjapan.com/main/index.php
 
WWOOF取扱旅行会社
 
株式会社オズプロジェクト
担当 岡田繁
東京都知事登録旅行業第3-5384号
東京都中野区中野5-65-4和光ビル302
電話03-5345-5528
jacky@ozpro.net


このページのトップへ


カンガルー通信トップ

カテゴリで選ぶ

 

ニュース

カンタス航空

体験レポート

雑誌・テレビ情報

エリアで選ぶ

 

バックナンバー

 

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

オーストラリアへの旅を探す

 
icon

便利な「直行便」をカンタス航空の
お得な「スーパーカンガルー」で!

oneworld

カンタス航空は
ワンワールドのメンバーです。