ラグジュアリーとは-食-

カンタス航空×オーストラリア政府観光局 オーストラリアラグジュアリーガイド

  • ラグジュアリーとは
  • Dining
  • Healing
  • Experiencing
  • meditating

キュイジーヌからワイルドグルメまで

オーストラリアの国土面積はなんと日本の約20倍!だから風土や気候もバラエテイーに富み、旬の食材と料理も多種多様 とお楽しみが満載なのです。 自給率200%といわれる食材の宝庫にして先住民族アボリジニからヨーロッパ、アジアと様々な人種が混在。ゆえに各国 の食材や調理法を取り入れたフュージョン、オーストラリアに古くから存在する動植物を使って調理するネイティブ・オース トラリア料理などグルメ処が盛りだくさんです!

とびきりのロケーションでとびきりの食を愉しむ

とびきりのロケーションでとびきりの食を愉しむ とびきりのロケーションでとびきりの食を愉しむ
ワイナリーの中にあるホテルや国内外の食通に人気のダイニングを持つホテル、そんなオーベルジュに宿泊されたご経験はありますか? ここで紹介している宿はいずれも経験者は勿論、初めての方でもご納得いただけるだけでなく、サプライズ&感動というスパイスの効いた場所ばかり。
例えば、海沿いやアイランド・ロッジでは陽光でオーストラリア産のサファイアのように7色に輝く碧い海に面したダイニングで獲れたての魚介とホームメイドの生パスタなど。
森やワイナリーの中にあるホテルでは緑に囲まれてお勧めのワインとフュージョンを。砂漠や大陸中央部では壮大な景観を眺めつつ濃厚なゲームミートなどの肉料理等。
ロケーションにあった味覚を満喫されるのも旅の一興です。
ちなみにグルメ目的のバカンスをお過ごしになりたい方への一押しオーベルジュはワインの産地にある「ザ・ルイーズ」、「ケープ・ロッジ」、そして「レイク・ハウス」です。
食べるだけでなく実際にお料理を学ばれたい方には、「ケープ・ロッジ」、「スパイサーズ・クローバリー・エステート」、「スパイサーズ・ピーク・ロッジ」がお勧めです。お料理教室込みのパッケージプランもございます。ワインを頂きながら食通同士でグルメ談義するのもオツなものですね。

▲Page Topへ

オーストラリアならではの進化を遂げたキュイジーヌで海の幸を

オーストラリアならではの進化を遂げたキュイジーヌで海の幸を オーストラリアならではの進化を遂げたキュイジーヌで海の幸を
オーストラリアは海の食材の宝庫。シドニーのフィッシュマーケット(魚市場)は、日本の築地に次ぐ世界第二位の取り扱い種を誇ります。というのもインド洋と太平洋に挟まれたオーストラリア全土の沿岸から獲れる新鮮なシーフードが毎朝ここに集結するから。ロブスターやアワビ・牡蠣など日本人にはお馴染みの魚介からマッドクラブやバラマンディといった熱帯域で獲れる珍しいシーフードなど、各州のマーケットでもシドニー以上に新鮮な魚介の祭典が連日繰り広げられています。
ロブスターは11月下旬から4月ぐらいまでが旬。
シドニー近郊で獲れるロックオイスター(岩牡蠣)は小粒ですが、プリっとした触感とクリーミーで濃厚な味は牡蠣好きには堪りません!白ワインのシャルドネと一緒に食せば気分は極楽。タスマニア産のパシフィックオイスターも美味。
ゴールドコーストやケアンズ近郊が産地のマッドクラブ(泥ガニ)はマッチョな姿にふさわしく身もプリップリッ!
大きいモノだと2m近くあるバラマンディは白身で味はスズキや鯛に似ています。フィッシュ&チップスで揚げたてにレモンをギュッと絞って食すB級グルメとして現地で人気の食材ですが、シーフードのフュージョンにも欠かせない食材です。
近年、国内外のカリスマシェフたちが腕を競い合って海の幸の味覚を向上させているオーストラリアのダイニングでは、日本人も驚きの美味な料理に出会えることでしょう。

▲Page Topへ

野趣あふれるワイルドグルメもオーストラリアの醍醐味

野趣あふれるワイルドグルメもオーストラリアの醍醐味 野趣あふれるワイルドグルメもオーストラリアの醍醐味
オーストラリアは肉料理が好物な皆様にも絶好のデスティネーションです。
柔らかくて香ばしいラムのローストや赤ワイン煮込み等はうっとりしてしまうほど!特にオーストラリアの春のシーズン9~11月のスプリングラムは最高です。
赤身と脂身がはっきり分かれた濃厚でジューシーなオージー・ビーフステーキはフルボディの赤ワインと共に滞在中に一度はご堪能してみては。近年では和牛とアンガス牛を交配しサシが入った品種改良種「ワギュウ」は地元のオーストラリア人にも人気のビーフ。
ワイナリーでテイスティングをされる際には、必ず美味なチーズも多種あるのでそれもお試し頂きたいものです。
砂漠地帯ではカンガルー、バッファロー(水牛)、エミュー等がゲームミートとして振る舞われます。これらは先住民族のアボリジニが古代から食してきた野生の食べ物「ブッシュタッカー」と呼ばれ、彼らの食生活には欠かせないもの。カンガル ー肉はどちらかというと半生のミディアムレアかカルパッチョ仕立てで食べるのがベスト。バッファローとエミューはバーベキュー風で。
その他には鶏肉のような触感と風味のワニ肉やラクダの肉を食せる地域もあります。

▲Page Topへ

  • ラグジュアリーとは
  • Dining
  • Healing
  • Experiencing
  • meditating
  • Clip to Evernote
ホテルギャラリー
オーストラリアに点在する魅力満載のラグジュアリー・ロッジ18カ所。オーストラリア政府観光局とカンタス航空が厳選した大人の隠れ家。
  • Capella Lodge (NSW)
  • Lizard Island (QLD)
  • qualia (QLD)
  • Saffire (TAS)
  • Southern Ocean Lodge (SA)
  • Pretty Beach House (NSW)
  • Cape Lodge (WA)
  • Lake House (VIC)
  • Spicers Clovelly Estate (QLD)
  • Spicers Peak Lodge (QLD)
  • The Louise (SA)
  • Wolgan Valley Resort & Spa (NSW)
  • Silky Oaks Lodge (QLD)
  • Bamurru Plains (NT)
  • Longitude 131°(NT)
  • Sal Salis (WA)
  • True North (WA)
  • El Questro Homestead
ラグジュアリーとは
オーストラリアの大自然の中にあるラグジュアリー・ロッジに滞在するからこそ体験できる非日常の数々。
  • 食
  • 癒
  • 戯
  • 戯
ツアー&航空券
カンタス航空の国際線、およびオーストラリア国内線の充実したネットワークとお得な情報が満載!
新着情報
PDFファイルを見るには、Adobe Acrobat Readerが必要です。 下のバナーからダウンロード(無料)してください。 PDFのダウンロードはこちらから
Copyright © 2017 Tourism Australia, Qantas Airways. All rights reserved.