ビビッド・シドニー ガイド

ビビッドシドニーガイド

Destination NSW

南半球最大の光と音の祭典!ビビッド・シドニー

毎年5月末、冬の到来と共に幕を開ける南半球随一のビッグイベントがシドニーで開催される「ビビッド・シドニー」。太陽が沈み、夜の帳がおりる午後6時から期間中は毎晩、街は華やかに彩られます。ビビッド・シドニーが始まったのは2009年。以来、規模とともに内容も進化を続け、2015年には170万人もの人々が訪れるビッグイベントに成長しました。 大都市シドニーを光と音で彩るという大胆な構想で、今やシドニー・オペラ・ハウスを中心とするシドニー市内と郊外の一部を舞台に、世界各国のアーティストによる作品やアイデアが一堂に会する芸術的祭典です。 光の「ビビッド・ライト」、音の「ビビッド・ミュージック」、そしてアイデアの「ビビッド・アイデア」の3つのセクションをご紹介します。

日時:2016年5月27日~6月18日 公式サイト http://vividsydney.com/

VIVID LIGHTVIVID LIGHT

Destination NSW

ビビッド・ライトの中核を成すのは、シドニーのアイコンの一つ、シドニー・オペラ・ハウス。期間中の午後6時から深夜まで、さまざまな映像やプロジェクション・マッピングが映し出され、近くから見上げても、離れた場所から見ても飽きることがありません。また、もう一つのアイコン、シドニー・ハーバー・ブリッジも10万個のLED電球と1600本のLEDチューブでライトアップされ、夜のシドニー・ハーバーに燦然と輝きます。ビビッド・シドニーならではの特別な演出をお楽しみください。

Information

VIVID MUSICVIVID MUSIC

Destination NSW

ビビッド・ミュージックのメインステージは、ビビッド・ライブが行われるシドニー・オペラ・ハウスです。

2015年はロックバンド「シルバーチェアー」のダニエル・ジョーンズによるソロ公演、アメリカ人ソングライター、スフィアン・スティーヴンスのステージ、イギリスのロックバンド、ザ・スミスのボーカリストだったモリッシーの限定公演など、世界的知名度のあるミュージシャンが登場しました。

そのほか、市内至る所のライブハウスでも、さまざまなタイプのライブ・パフォーマンスが繰り広げられました。

Information

VIVID IDEASVIVID IDEAS

Destination NSW

ビビッド・アイデアは、世界中で活躍するクリエーターが集まり、感性を刺激し合う最良の機会となっているます映画、音楽、芸術、デザイン、ゲーム、メディアなど、あらゆるクリエイティビティーをテーマにワークショップやコンファレンス、パネルディスカッションなどを実施します。

2015年はエミー賞受賞の脚本家、マシュー・ワイナーやグラミー賞受賞のグラフィックデザイナー、ステファン・サグマイスター、企業家であり編集者のタイラー・ブリュレを迎え、各氏のトークや交流セッションなどが行われました。

Information

Destination NSW

詳細はこちらから(英語)

ビッド・シドニーへ訪れるなら、カンタス航空で!

シドニーの観光情報は “カンタス航空シドニー特集”へ
  • QANTAS
  • Destination NSW