© Destination NSW

ビビッド・シドニー2018のハイライト

2018年5月25日午後6時、世界最大級の光と音楽とアイデアの祭典、ビビッド・シドニーが今年もシドニーに戻ってきます。これは23日間にわたって開催される革新と創造を祝う毎年恒例のフェスティバルで、2018年で10年目を迎えます。フェスティバル期間中、毎晩シドニーを代表する場所や地域、例えば王立植物園(Royal Botanic Garden Sydney)、ザ・ロックス(The Rocks)、バランガルー(Barangaroo)、ダーリング・ハーバー、キングズ・クロス、ルナ・パーク、チャッツウッド(Chatswood)、そしてタロンガ動物園などが、見逃すことができないアート感覚あふれるインスタレーションやプロジェクション・マッピングなどでライトアップされます。ビビッド・シドニー2018の注目すべきハイライトをいくつかご紹介いたします。

日時:2018年5月25日~6月16日
公式サイト http://vividsydney.com/
(2018年3月ごろにプログラム詳細が発表されます)

空席照会・航空券を予約する

LIGHT

Light

© Destination NSW

ビビッド・ライトの中核を成すのは、シドニーのアイコンの一つ、シドニー・オペラ・ハウス。期間中の午後6時から深夜まで、さまざまな映像やプロジェクション・マッピングが映し出され、近くから見上げても、離れた場所から見ても飽きることがありません。また、もう一つのアイコン、シドニー・ハーバー・ブリッジも1600本のLEDチューブでライトアップされ、夜のシドニー・ハーバーに燦然と輝きます。ビビッド・シドニーならではの特別な演出をお楽しみください。

ザ・ライティング・オブ・ザ・セイルズ(The Lighting of the Sails)

鮮やかな色彩や幾何学模様を使うことで有名なグラフィック・デザイナー、ジョナサン・ザワダ(Jonathan Zawada)が創作したザ・ライティング・オブ・ザ・セイルズ。今年はシドニー・オペラ・ハウスのセイル(帆の部分)に、連続した動作でねじ曲がり、突然姿を変えるデジタル・スカルプチャー(表示される映像が立体的なスカルプチャーを作り出す)やデジタル・コンポジション(コンピューターを使って映像を合成)が次々と映し出されます。

ザ・ビビッド・ライト・ウォーク(The Vivid Light Walk)

今年のライト・ウォークは2キロに及び、ザ・ロックスから王立植物園を通り抜け、シドニー・オペラ・ハウスまで続きます。シドニー・オペラ・ハウス、シドニー・ハーバー・ブリッジ、オーストラリア現代美術館、カスタムズ・ハウス、そしてASN Co. の歴史的なビルなどでの主要なプロジェクションやインスタレーションを眺めながら歩きます。

カスタムズ・ハウス(Customs House)

女流作家、メイ・ギブス(May Gibbs)が「スナグルポットとカドルパイ」(Snugglepot & Cuddlepie)を発表して、2018年で100年となります。ユーカリの木から落ちたユーカリの実の二人の赤ちゃんが、この小説によってオーストラリアの子供たちに愛される児童文学の主人公になりました。この作品が誕生して100年目を祝って、アートとアニメーションの共同体として有名なアンプル・プロジェクツ(Ample Projects)が1845年に建造されたカスタムズ・ハウスの外観に、メイ・ギブスが創り出した永遠に愛される二人の主人公をよみがえらせます。

ファンタスティック・オーシャンズ(Fantastic Oceans)

コックル・ベイ(Cockle Bay)は幻想的な色彩をもつ深海からやって来た生物で活気づきます。噴水がまるでサンゴや深海の生き物のように動きだし、レーザーが海の波のようにさざ波を立て、深海生物の輪郭をくっきりと描きます。ダーリング・ハーバーを歩けば、まるで海の中を歩くといった夢のような気分になるでしょう。


MUSIC

Music

© Destination NSW

ビビッド・ミュージックのメインステージは、ビビッド・ライブが行われるシドニー・オペラ・ハウスです。
2017年はフリート・フォクシーズ、エア、ローラ・マーリングなど世界的知名度のあるミュージシャンが登場しました。
そのほか、市内到る所のライブハウスでも、さまざまなタイプのライブ・パフォーマンスが繰り広げられました。

ミュージック・メーカーズ(Music Makers)

ビビッド・シドニー2018では、ジャズの世界に革新をもたらしたブランフォード・マルサリス(Branfor Marsalis)、そしてカート・エリング(Kurt Elling)のパフォーマンスをお見逃しなく。また、セイント・ヴィンセント(St Vincent)として活躍している女性シンガーソングライター、アニー・エリン・クラークが行う、一夜限りのパフォーマンスが話題となっています。シドニー・オペラ・ハウスで行われるビビッド・ライブにはソランジュ(Solange)が登場。オーストラリアで行われる彼女の唯一のライブ・パフォーマンスとなります。ウエスト・コースト・ラップのゴッドファーザーと呼ばれ、ヒップ・ホップ・グループ、N.W.A.の創設メンバーでもあるアイス・キューブ(Ice Cube)も登場します。オーストラリアを代表するロックバンドの一つ、シルバー・チェアーの元メインボーカルだったダニエル・ジョーンズ(Daniel Johns)とエンパイア・オブ・ザ・サンのルーク・スティール(Luke Steele)のコラボレーション・プロジェクトであるドリームズ(Dreams)のパフォーマンスをお楽しみいただけます。


IDEAS

Ideas

© Destination NSW

ビビッド・アイデアは、世界中で活躍するクリエーターが集まり、感性を刺激し合う最良の機会となっています。映画、音楽、芸術、デザイン、ゲーム、メディアなど、あらゆるクリエイティビティーをテーマにワークショップやコンファレンス、パネルディスカッションなどを実施します。
2017年はシェパード・フェアリー、オリバー・ストーン、ジョナ・ペレッティのトークなどが行われました。

ジェームズ・キャメロン(James Cameron)

ビビッド・アイデアのゲーム・チェンジャーズとクリエイティブ・カタリスツ(創造を促進する人)・プログラムのハイライトとなるのがジェームズ・キャメロンとメディア番組の司会者、アダム・スペンサーとの対談です。ジェームズ・キャメロンはアカデミー賞監督賞を受賞した「タイタニック」をはじめ、「ターミネーター」、「アバター」などの映画監督であり、また映画製作者、深海探検家としても有名です。世界最深となるマリアナ海溝で、単独では初となる有人潜行を果たしました。またキャメロンはシドニーで造られたユニークな深海潜水艇、「ディープシー・チャレンジャー」の共同設計にも携わりました。

ビビッドシドニー

© Destination NSW