シドニーマラソンについて

シドニーマラソンは、シドニーオリンピックを記念して、2001年に第1回大会がスタートしました。以後、毎年9月に開催され、シドニーの名所を走るシティマラソンとして定着。毎回多くのランナーが参加して、早春の爽やかな気候の中、シドニーの主だった観光スポットを走り抜けていきます。
フルマラソンのほか、ハーフマラソン、ブリッジラン、ファミリーランなど、コースバラエティが豊富なので、初心者でも参加しやすい大会です。
シドニーマラソン9つの魅力 大会概要 コース 参加エントリー 耳より情報

シドニーマラソン9つの魅力

南半球の大都市シドニーの街中を走り抜ける爽快感は、ほかでは味わえない醍醐味です。シドニーオリンピックのマラソンコースをアレンジした本格的なコースで、トップアスリートにも好評!ファンランナーもアスリート気分を満喫!
最短3.5kmからコース設定されているので、ぜひ参加してシドニーの街を体感してください。
シドニーマラソン9つの魅力
9月の大型連休に開催
2017年の開催は9月17日(日)。しかもマラソン翌日は祝日です。カンタス航空なら日本を夜出発し、帰国は早朝のフライトなので時間を有効活用できます。
最短3.5kmから!
フルマラソンのほか、ハーフマラソン、10km、3.5kmの4コースをご用意。本格的なランナーから初心者まで、レベルや体力に見合ったコースが楽しめます。軽く3.5km走って、食べた分だけしっかりスリムになって帰る手もあり!?

家族や友達と参加OK
ファミリーラン(3.5km)なら、子ども連れの家族や友達同士でワイワイ楽しみながら走ることができます。ちょっとがんばって、ブリッジラン(10km)にも挑戦! 爽快な海風を感じながらハーバーブリッジを走破してみては。
大都市を走る爽快感
大都市シドニーを駆け抜ける都市型マラソン。高層ビルが建ち並ぶシティの大通りを、沿道の声援を受けながら走り抜ける爽快感は格別。ほかでは味わえない満足感を思い出の1ページにしっかり刻もう!

コースはシドニーの名所満載
コース上には、シドニーの観光名所が散りばめられています。ゴールは世界遺産のオペラハウス。ハーバーブリッジは全面通行止めになり、路上を思い切り走れる年に1度のチャンス!走りながら観光スポットも横目で楽しめます。
日本人の人気上昇中
近年のマラソンブームを受け、毎年100人以上の日本人がエントリーしています。都市型マラソンへの参加は抽選で決まることが多く、抽選なしで参加できるシドニーマラソンは貴重な大会。日本人の注目度もアップしています。

時差はわずか1時間
日本とシドニーの時差はわずか1時間。時差ボケの心配もなく、万全の体調で記録に挑戦できます。身体への負担も少ないので、「時差ボケで苦しくなって途中棄権……」なんて事態に陥る心配は無用です!
早春の爽やかな気候
南半球に位置するオーストラリアは、日本とは季節が逆になります。シドニーの9月は早春で、最高気温は20度前後、最低気温は11度前後。爽やかな風を感じながら走ることができ、マラソンには最適な気候です。

観光もおまかせ
マラソンの前後に楽しめるスポットは、シドニー市内だけではありません。シドニー近郊には、さまざまな観光地があります。世界遺産のブルーマウンテンズ国立公園では、自然の驚異をぜひ体験して。ハンターバレーではぜひワイナリー探訪を。

このページの先頭へ

大会概要

開催日程 2017年9月17日(日)
競技種目 ・フルマラソン(42.195km)
・ハーフマラソン(21.0975km)
・ブリッジラン(10.0km)
・ファミリーファンラン(3.5km)
スタート地点 ミルソンズポイント
ゴール地点 オペラハウス
完走賞品 フルマラソン/フィニッシャーズTシャツ、完走メダル
その他の種目/完走メダル
公式サイト http://www.sydneymarathon.jp/
このページの先頭へ

コース

コース
世界遺産のオペラハウスをはじめ、ハーバーブリッジ、ロックス、センテニアルパークなど、シドニーの主要観光スポットを網羅しています。
ファミリーでも気軽に参加できる3.5kmコースなど、コースバラエティが豊富なのも魅力です。
コースの見どころ

このページの先頭へ

耳より情報

大会参加者は、当日市内の交通やアトラクションが無料に!!

シドニーマラソン当日は、マラソン参加者にうれしい特典があります。ゼッケンを見せると、市内交通機関がなんと無料に! マラソンで汗をかいた後は、しっかりと観光を楽しむこともお忘れなく!

このページの先頭へ
2010年大会参加レポート
2009年大会参加レポート
正規割引航空券はコチラから
ワンワールド