カウントダウン日記

ブリッジクライムに挑戦!|シドニー観光レポートその1

2009年10月14日(あと日)

シドニーマラソンのコース上に登場する「ハーバーブリッジ」。朝焼けを眺めながらのブリッジランニングはかなり気持ち良かったです!この「ハーバーブリッジ」、なんと頂上まで登ることのできるツアーがあるのです。オーストラリアならではのダイナミックなこのツアーに参加してきました!

ハーバーブリッジ出発前、何度も写真で見ていたハーバーブリッジ。実物を見ると、やっぱり、でっかい・・・!!これに登るのか〜と、期待と不安を抱えつつ、橋のふもとにある受付センターへ。
このツアー、10人ほどのグループでおこないますが、今回のグループには、新婚旅行でシンガポールから訪れたハネムーンのカップルや、誕生日の記念に訪れたオーストラリア人の女の子、ドイツから一人旅でやってきた男性など、国際色豊か。更には70歳を超える元気な老夫婦も参加していました。

受付入口その後クライム用の「つなぎ」に着替え、出発前のレクチャーを行います。
そしてここで登場するのがブリッジクライム・名物の(?)"イケメン"インストラクター。冗談を交え、一同の緊張をほぐしながら簡単な説明と練習をおこないます。
インストラクターの声が聞けるよう骨伝導式インカムをつけたら、準備万端、いよいよ出発です。

鉄骨式の足場は網状になっているところがあり、真下に海面がチラチラ見えたこの地点が、思い返せば一番スリリングでした。


記念撮影恐る恐る進んでいくと、道路と同じ高さまでやってきました。真横を車がビュンビュンと通り抜けていきます。ここで反対側をみると、そこにはお待ちかねの絶景が!ちなみに私、このとき初めてオペラハウスを目にたのですが、まさにベストスポットから望むことができ、最高のファースト・インプレッションでした。
この地点までくると、もう恐怖心はどこへやら。自分がどれだけの高さにいるのか実感がわかず、ただただ素晴らしい景観に目を奪われるばかり。このあたりから、各ポイントで写真撮影をしてくれます。


インストラクターそしていよいよ頂点に到着!これが、本当に"頂点"、一番上まで歩いて行けてしまうんだから、スゴイ。こんなデンジャラスなツアー(安全配慮はバッチリですよ!)、日本では体験できないことでしょう・・・。
折り返し地点からは、各々インストラクターに橋に関する質問をしたりしながら、登りとは反対側を下っていきます。徐々に打ち解けていったメンバーたちと、口々に感想を語りながら、終着地点にたどりつきます。

着替えを終えると、早速ブリッジ上で撮影した写真を見ることができます。どの写真も本当に絶景・・・!非常に良い想い出となりました。

ブリッジクライムと聞くと、スリリングなアトラクションを想像しがちですが、実際には怖いものではなく、絶景を長時間にわたり満喫できる印象深いツアーでした。
また、3時間30分という長きにわたるツアーですが、橋の上からの、遮るもが何もないナマの大パノラマは、他では絶対に味わうことができません!
今回体験したのは日中のツアーでしたが、夜明け、夕暮れ、夜景といった違った景色を楽しめる時間帯もあるので、ぜひチェックしてみてください。

▼また、とても人気が高いツアーなので、事前の予約をおすすめします。
>> ブリッジクライム(日本語公式サイト)


このページの先頭へ
咲季
ウェブ制作会社勤務、趣味は海外旅行。
シドニーマラソン参加を目指し、2009年3月からジョギングを開始した、初心者ランナー。
最近の記事
11/12 ブルーマウンテンズツアー
11/05 シドニーの食をレポート
10/23 ハーバークルーズ
10/21 コースタル・ウォーク
10/14 オペラハウスツアー
10/14 ブリッジクライムに挑戦!
10/08 荷物預かりシステム
10/08 当日の移動は無料!
10/02 高橋尚子さんの応援
09/30 シドニーマラソンのトイレ事情

参加ツアー情報
正規割引航空券はコチラから
ワンワールド