カウントダウン日記

私のシドニーマラソン(続き)

2010年9月25日(あと0日)

レポーター: ハネムーンランナー加奈

シドニーマラソンから1週間。 日本に帰ってきて、成田からそのまま仕事に向かい、あっという間に気づけば1週間経っていました。 何だかシドニーに行っていたのが夢のような気さえします。

そんなシドニーマラソン当日を振り返ってみたいと思います!
と、まずは前日から。
午前中はブルーマウンテンズへ行ったので、午後にゼッケンと靴につけるチップをもらいにexpo会場まで大会受付に行きました。日本人用の受付があったので、言葉の心配は無用!

 IMG_2452.JPG

さっそくゼッケンを当日のウェアにつけました。
ウェアには、義理のお母さんと姪っこのかれんちゃんが大阪から送ってくれたお守りもしっかりつけました。
(当日、このお守りには本当にパワーをもらいました!)

IMG_2466.JPG

 

そして当日、4時半起床。
ハーフに出場する2人と一緒にスタート地点のミルソンズポイントへ向かいました。
(当日はゼッケンを付けていれば、電車も無料なんですよ。)

フルよりもハーフに出場する人の方が多いので、スタートエリアも人がいっぱい。そしてシドニーオリンピックの金メダリスト、Qちゃんこと高橋尚子さんがスターターをされていました。
スタートエリアのアナウンスは、日本語でもしてくれていてこれまた日本人参加者に優しい大会だなと感じました。


さぁ、2人が出発してから1時間後の7:30。
いよいよ私もスタートです。何とも言えない興奮と不安。
どちらかというとお祭り的な「楽しい!」気持ちでいっぱいでした。

100919_0528551.jpg

まずは、何と言ってもハーバーブリッジ!
そして左手に見えるオペラハウス。これこそシドニーマラソンの醍醐味です!

周りのペースにつられそうになるも、
私としては1キロ7分弱くらいのペースで走ろうと思っていて(そう全然速くないのです...)、
どんどん抜かされていくも気にしないようにしました。

2010_0919_072757-DSC00504.JPG

そしたら後ろからQちゃんが走りながら「がんばって~!」と声をかけてくれました。
そんなこんなで10キロ。
母とお友達が目立つようにと風船片手に待っていてくれました。
応援って本当にパワーになりますね。

2010_0919_101256-DSC00511.JPG

パワーが充電されて、さらに折り返し地点の21キロへ。
ここまでは順調。シドニーの街並みを眺めながら、マイペースに走ってました。

しかし25キロあたりからしんどくなってきて、少し歩いたりが多くなってきました。
20キロ~30キロを乗り切るために音楽を聴こう!と決めていたので、
"ウルフルズ"でテンションあげて気分を切り替えました。

そして30キロ。再び母とお友達の応援ポイントに到着。(事前に10キロと30キロとゴールにいるね、と決めておいたのです)
何とか頑張ってきた足も30キロを過ぎて、筋肉痛もあるしパンパン。
もうあとは制限時間も気にしながらのランで、
だいぶ歩いてしまいましたが「何とかギリギリゴールに間に合うかな」と時計とにらめっこ状態。

こんなヨボヨボのランナーに街の人が温かい声をかけてくれるのです。
"Well done ! ""You can do it !" "Keep it up!"
それが嬉しくって嬉しくって、笑顔で頑張れました。
最後は、私の周りのランナーは少なくって、みんな歩いたり走ったり、足をひきずってたり。。
それでも最後は走ってゴールしたくって、最後の力を振り絞って、、というよりも周りの温かい声に後押しされ無事ゴールに駆け込むことができました!

恥ずかしながら私のゴールタイムです。
(フルマラソンの順位は20代女子でみれば後ろから4番目...本当ギリギリでしたね。。)

 time.JPG

 

シドニーマラソン(英語)の公式サイトでは、
自分の名前を入力すればタイムの他に中間地点やゴールの時の自分の映像が見れるんです。
感動が再び・・・です。

ゴールで待ち構えてくれた母とお友達。その顔を見て何とも言えない安堵の気持ち。
そして何よりも完走できたというとても大きな達成感!
走り続けることができず途中で歩いてしまい、何度もくじけそうになったけど、
それでも前に進んでゴールを迎えられたことが何よりも嬉しいし、
全然立派なタイムじゃないけれど、それでも自分のことを褒めてあげたい気持ちです。

2010_0919_120128-DSC00519.JPG

 

Nike+で見てみたら、消費カロリー2200キロ。
フルマラソンのすごさをこんなところからも感じますね。
その夜のご飯の美味しかったこと、たっくさん頂きました。

今回、縁あって参加することになったシドニーマラソン。
本当にこうした機会を頂けたことに改めて感謝の気持ちでいっぱいです。
結婚式の準備もあり思うように練習できないこともあったけれど、
それでもやっぱりチャレンジすることにして良かったなと思うし、
ただの旅行だけじゃなく、旅先でマラソンという経験でシドニーの街がより思い出深いものになりました。

2010_0919_112238-DSC00518.JPG
最後にこのチャレンジ日記を見てくださった皆様、本当にありがとうございました!


このページの先頭へ