カウントダウン日記

シドニーマラソンを終えて。

2010年10月 3日(あと日)

レポーター: アラフォーランナー祐子

シドニーマラソンを終え、その後、ゴールド・コーストでHOLIDAYへ。 やっと、今週戻りました。

本格的にトレーニングを始めてから、2ヶ月弱、順調に筋肉量が増え体重も体脂肪も減り、とりあえず、調整が間に合い、大会当日をむかえました。

その週は香港へ出張があったのですが、最後の調整の為、朝6時からホテルのジムで10Km走り込み、少し、体力も自信もつき、シドニーには大会3日前に入り、シドニーでもジムで最後の調整をしました。


659.jpg前日のお昼に、ゼッケン等を取りに行き、前夜は、そのゼッケンと、ビップを付け、準備完了。


SYD marathon.jpg緊張と、不安とで、寝つきが悪く、良く眠れないまま、朝4時半に起床。
ハーフ・マラソンは6時20分から始まるので、余裕を見て、5時半にホテルを出て、セントラル駅まで。ロビーでは、受付の方々に、頑張れの声を頂き、いよいよ今日、走るんだと実感。セントラル駅では、ランニング姿が方々から集まり、ホームは結構な賑わいで、会場まで迷うことなく、人の波に飲まれることとなりました。


SYD marathon v2.jpgSYD marathon1.jpgスタート会場では、6時前なのに、もうかなりの人が集まっており、簡易トイレでは30分も待ってしまいました。
気温は15度ぐらい、曇りで、走るにはいい条件でした。
私は一番遅いスタートのCで、これは事前に大体の記録を申請し、自動に振り分けられるカテゴリーになります。


SYD marathon1.jpgお気に入りの曲をONにし、スタート!
回りは、同世代の女性が多く、ちょっと安心でしたが、皆さん健脚で、あっという間に離されてしまいました。恐るべしオーストラリア女性。
スタートし、すぐにシドニー・ブリッジです。これは感動!


日常、車か電車で通過してしまうので、気がつきませんが、意外にUPがきつく、また、その分下りも急だったりします。
基本的に、車道を走るので、わだちがあったり、フラットではなく、片方に傾いていたりするので、思いのほか、足への負担があり、体力を消耗しました。
給水所が毎5Km間隔であるので、毎回、少量のお水を頂き自分のペースで走り続けます。実は途中、ダーリング・ハーバー近くで急な坂があり、そこは早歩きで通過、体力温存です。景色がいい場所では、カメラマンが写真を撮ってくれるので、ひきつった笑顔をつくり、ピース。これは大会後、WEB上で購入できます。

走りだしてから、2時間を過ぎたあたりから、ゴールのオペラ・ハウスがちらちら目に入るようになり、気持ちが焦りますが、まだあと5Km先。


SYD marathon1.jpg焦らせるな~このコースと思いながら、自分のペースを保ち、いよいよ2KM、最後の給水所です。ゴール前に人に見られると恥ずかしいので、鼻をかみ、ここからは、バンバン飛ばします。(気持ちだけ。)
そして、先にゴールした人達が沢山いるゴールへ!
無事に2時間26分で完走です。


SYD marathon1.jpg某旅行代理店は会場にテントを儲け、ツアーのお客様に、無料でマッサージと暖かい、お食事の用意をしてくれてました。
日本の行き届いたサービスはありがたいですよね。

SYD marathon1.jpg当初の目標は2時間半でフィニッシュでしたので、結果に満足。
走り終えてからも、疲れがなく、足も体にも痛みがなかったので、助かりました。
なんと、翌日もジムで3km走ってきましたよ。

そして、今回の最終体脂肪結果。(大会後の測定)
体脂肪8%減
体 重5Kg減

もう、この結果にはびっくり。
21Kmを走るのを目標にしていたので、ここまでいい結果になるとは考えていませんでした。
アラフォーでも、ジョギングをすればちゃんと結果が出ることが判り、容姿もそれなりに締まってくるので、かなりお勧めです。

そしてこれが、完走記念メダル。嬉しいです。

DSC02086.jpg

こんな楽しく、結果健康的な旅行をしてしまうと、今後の旅行の目的意識が変わってしまい、アクティビティを中心にした旅行になりそうです。
オーストラリアはどの州もアクティビティができるので、次回もいろいろ挑戦してみようと思います。


長きに渡りご購読ありがとうございました。
いつかどこかで、、、皇居かジムかもしくは、来年のシドニーで、また走っていると思います!


このページの先頭へ