誰と旅する?オーストラリア

ホーム > どこ行く?誰と行く? > 気の合う友人と
気の合う友人と

趣味をとことん追求するのも、新しい冒険を見つけに行くのも、気の合った友と一緒が一番楽しい!

ハードなトレッキングルートを励まし合いながら絶景を目指したり、おいしいワインを飲みながら語り明かしたり。親しい友人とならどこへ行っても楽しいもの。どこまでも広がっていくオーストラリアの大自然やさんさんと降り注ぐ太陽の下、究極のアクティビティ体験を共有すれば友情もぐんと深まるでしょう。一番一緒に行きたい友は誰ですか?

釣り仲間集まれ! タスマニアでフライフィッシング

意外? 狙いはサーモンやトラウト

オーストラリア大陸のさらに南、南極海にぷかりと浮かぶタスマニアが釣りのメッカだということをご存知でしたか? 原生林を流れる川や湖などを自由に泳ぎ回るのはサーモンやトラウト。なかなか手ごわいファイトを強いられる獲物たちは北米やヨーロッパの原産です。

地元の人々にも大人気のフライフィッシング、もちろん海外からの旅行者でもライセンス取得は可能で、ガイドの案内でその日の天候などをチェックしつつ釣りを楽しむことができます。決まった釣り場はなく、ガイドによって秘密の穴場は違います。今日はどこへ行くのかは、行ってからのお楽しみ。大物を求めて移動するのもまたガイドまかせです。フィッシング旅行で一番大切なのはガイド選びかもしれません。

釣り場の近くにもシンプルなロッジが点在していますが、宿泊はワイルドにキャンピングカーを借りるというのもひとつの手。といっても最近はとても豪華な仕様の車が多く、まるでホテルのように設備が整っていますので、快適に過ごすことができます。釣った獲物を調理することも可能。釣りたての獲物をグリルしたり燻製に挑戦するのもおもしろそうです。やっぱり釣ったその場でお刺身にしていただくのが一番おいしいかも? 食料などのオーストラリアへの持ち込みが厳しく制限されているためお醤油やワサビを日本から持ち込むことができませんが、ちゃんと現地で日本のメーカーのものを調達することができますのでご安心あれ。新鮮な魚はシンプルに調理するのが一番です。一晩過ごしたらまた別の釣り場へと移動していく旅。釣り場は数千にものぼりますが、行先はガイドにまかせましょう。

タスマニアでの釣りのシーズンは10月から4月。日本とは真逆の夏の季節ですので重装備は必要ありませんが、朝夕はとても冷え込むことがあるので防寒着を忘れずに。

オーストラリア どこ行く? 誰と行く?

カンガルー通信