ホーム > 最新情報 > スターリングレンジ国立公園のワイルドフラワー Vol. 2
最新情報

スターリングレンジ国立公園のワイルドフラワー Vol. 2

11/12/02

DSCN0210.JPGDSCN0220.JPGスターリングレンジ国立公園・標高1095mのブラフ・ノールは、往復約6kmのルート。実は、駐車場のあるスタート地点が既に標高約400mなので、残り約600mを登るだけ。数字上は理解していても、やはり次第に遠くなる駐車場を見下ろすと「ずいぶん登ってきたなぁ。」という実感が。そして、そんな思いをたたえるように足元に咲くワイルドフラワー。ここにも鮮やかな色の花が力強く咲いていました。

DSCN0225.JPGのサムネール画像DSCN0230.JPGのサムネール画像DSCN0279.JPGのサムネール画像まるで、海へ続く砂の道のように見えますが、実は真っ青な空に向かっているようなトレッキングルート(写真右)。山のおいしい空気とすがすがしく晴れ渡る青い空。そして、何より美しいワイルドフラワーに癒されて疲れを忘れてしまいます。頂上までもう少し! てのひらの大きさもありそうなバンクシア(写真中央)、そして、やっと出会えた「スターリングレンジ・ボトルブラシ」(写真左)。

DSCN0258.JPGDSCN0275.JPG頂上が近づくにつれ、これまで見てきたワイルドフラワーと少しずつ違った花が見られることに気づきました。標高が高くなるに従って植生の異なる花がある、と教えてくれたレンジャーの話を思い出しました。真っ白な花。ホワイト・アンダーソニアは初めて見る花。

DSCN0278.JPGのサムネール画像ここに来るまで全く想像していなかったまるで一面の雪景色のような光景。真白なホワイトアンダーソニアの美しさに驚きと感動で皆言葉がありません。ここまで登ってきたご褒美です!頂上近くまでこの白い花が一面に群生していました。

P1090885(low).jpgP1090889(low).jpgそして、到着した頂上にも素敵なご褒美が。ここに来るまで全く見ることがなかったエバーラスティングの花がなんとブラフ・ノールの頂上にひっそりと咲いていたのです。これには皆またしても感動です。頂上から見渡す360度パノラマの景色と美しいワイルドフラワー。すべてが癒しのパワーになりました。