ホーム > 最新情報 > 2012年 ワイルドフラワー関連イベントリスト
最新情報

2012年 ワイルドフラワー関連イベントリスト

12/08/18

キングスパーク・ワイルドフラワーフェスティバル:2012年9月1日~10月7日(於:キングスパーク・パース)
Kings Park Wildflower Festival (at Kings Park, Perth)

キングスパークフェスティバル(Everlasting)low.jpgキングスパーク縦位置low.jpg毎年恒例のワイルドフラワーフェスティバル。400ヘクタールという広さを誇るキングスパークはパース観光には欠かせないお薦めスポット。年間をとおして、ワイルドフラワーを見ることができますが、お薦めはやはりベストシーズンの9月。今年はさらに1週間延長され、10月7日まで行われるフェスティバルですが、その後ももちろん沢山の花が訪れる人を楽しませてくれます。公園内で見られるエバーラスティングの花のカーペットは必見です! 


マラワ・ワイルドフラワーショー:2012年8月28日~9月2日(於:パース以北・マラワ・タウンホール)
Mullewa Wildflower Show (at Mullewa Town Hall, Mullewa)

マラワ・ワイルドフラワーウォークのフラワーカーペット.JPGmullewa-2.jpgのサムネール画像のサムネール画像エバーラスティング街道沿いにあるマラワの中心・マラワ・タウンホールで1週間にわたって行われるイベント。200種類以上のワイルドフラワーが展示され、地元の人々はもちろん、ワイルドフラワーツアーで訪れる人々も数多く訪れる恒例イベント。また、マラワにはワイルドフラワーウォークと呼ばれるウォーキングルートもあり(写真右)、ここでは自生する多くのワイルドフラワーを見ることができます。


セレブレーション・オブ・マウントバーカー・ワイルドフラワー:2012年9月1日~10月30日(於:南西部・マウントバーカー・バンクシアファーム)
Celebration of Mount Barker Wildflowers (at Banksia Farm, Mt Barker)

mt barker.jpgスターリングレンジ_バンクシアファーム.jpg南西部アルバニーの北・マウント・バーカーにあるバンクシアファームは、11エーカーという広さに78種類のバンクシアと98種類のドライアンドラなどバンクシアに特化した珍しい植物園。さらにこのイベント期間中は、野生ランのディスプレイも実施。また、ショップではボタニカルアートやおしゃれなカードから、おいしいスコーンと紅茶など、ぜひ、ゆっくり時間をとって楽しみたい心地よい空間です。


ダルワリヌ・ワトルウィーク・フェスティバル:2012年9月8日~9月15日(於:パース以北・ダルワリヌ)
Dalwallinu Wattle Week Festival (at Dalwallinu)

Dalwallinu_roadside_wattle.jpgのサムネール画像リースフラワーlow.jpgパースの北東約250kmに位置するダルワリヌの街は、ワトルの街として知られています。およそ1000種類もあるといわれるワトルのうち80種以上のワトルがこのエリア100km圏内に自生する世界でも珍しいワトルエリアです。また、ダルワリヌはエバーラスティング街道にもなっているので道路沿いにはワトルのみならず、エバーラスティングの花のカーペットや、リースの形に花を咲かせる希少なリースフラワーも見ることができます。詳細はこちらから。

第19回オーストラリア・オーキッド・カウンシル・コンフェレンス&ショー:2012年9月13日~9月15日(於:バーズウッド・コンプレックス、パース)
19th Australian Orchids Council Conference and Show (at Main Hall, Burswood complex, Perth)

orchid show.jpgOrchid show2.jpgオーストラリアのみならず世界中のランが一堂に会すランの展示会。
今年はワイルドフラワーの宝庫でもある西オーストラリア州パースで行われるとあってラン愛好家はもちろんのこと、花好きには要チェックの注目イベントです。クイーン・オブ・シバオーキッド(シバの女王)という名前の西オーストラリアでもめったに見ることのできない野生ラン(写真左)にも出会えるかもしれません。


グレートサザン・ブルーム・フェスティバル:2012年9月16日~10月24日(於:南西部・グレートサザンエリア)
Hidden Treasures: Great Southern Bloom Festival (Great Southern, Southwest)

Blueladyorchid.jpgのサムネール画像グレートサザン(1)low.jpgのサムネール画像西オーストラリアの南西部にある5つのエリアのうち「グレートサザン」というエリアでは、この期間、ワイルドフラワーやロングテーブルランチ、オープンガーデンなど、30以上のイベントが各地で行われます。
9月~11月にかけて様々なワイルドフラワーが咲き誇る南西部では、プレミアムワインの宝庫としても世界的にも知られており、花とワイン、さらには、ウォーキングを楽しみながら花を堪能するなど、様々な楽しみが待っています。


コジョナップ・ワイルドフラワー・ブルームフェスティバル:2012年9月28日~10月3日(於:南西部・コジョナップ)
Kojonup Wildflower Bloom Festival (at The Kodja Place Interpretive Centre and various locations, Kojonup)

KojonupFest.jpgrosemazehomepage.jpg南西部コジョナップで行われるワイルドフラワーイベント。期間中、街の中心にあるThe Kodja Place Interpretive Centreでは、この地域で見られるワイルドフラワー400種類以上を展示します。中でも希少な野生ランの展示は見逃せません。
また、このエリアにある様々なウォーキングルートもお薦め。ウォーキングでリフレッシュしながら、足元にひっそりと美しい花を咲かせる野生のランを見つけたり、バラの迷路に挑戦したり、花に癒される時を過ごしてください。


オンガラップ・ワイルドフラワー・ディスプレイ:2012年9月17日~10月7日(於:南西部・オンガラップ)
Ongerup Wildflower Display (at Ongerup and Needilup Distict Museum, Ongerup)

Ongerup_Wildflower_Display.jpgのサムネール画像カウスリップオーキッドlow.jpgのサムネール画像スターリングレンジ国立公園から北東へ約40分、オンガラップで行われるワイルドフラワーのイベントは、このエリアに自生する野生ランを含む約400種類のワイルドフラワーの展示会。
興味深いのは、先住民族アボリジニの人々にとって「ブッシュ・メディソン」(草むらの薬)、「ブッシュ・タッカー」(草むらの食べ物)と呼ばれるほど大切な存在であるワイルドフラワーを紹介したもの。
「生きる知恵」として存在するワイルドフラワーをアボリジニの人々の視点で学ぶことができます。


ウォンガンヒルズ・レイノルソン・リザーブ・フェスティバル:2012年11月9日~11月11日(於:パース以北・レイノルソン・リザーブ、ウォンガンヒルズ)
Wongan Hills - Reynoldson Reserve Festival (at Raynoldson Reserve, Wongan Hills)

Wonganhills1.jpgWonganhills2.jpgパースの北東約250kmに位置するウォンガンヒルズ。11月に入ってもまだまだワイルドフラワーが楽しめることを証明してくれるイベントは、毎年、このエリアで見られるフェザーフラワーを求めて多くの人で賑わいます。期間中は、様々なワイルドフラワーガイドツアーがあり、また、ライブコンサートもあり、と花に囲まれながら様々なイベントを楽しめます。初夏の日差しの中、白、ピンク、黄色のきれいなフェザーフラワーを見に行ってみませんか。


西オーストラリア・ワイルドフラワー協会・アルバニー支部・ワイルドフラワーエキシビション:2012年9月28日~10月1日(於:南西部・セント・ジョーンズ・ホール、アルバニー)
The Albany Branch of the Wildflower Society of WA - Wildflower Exhibition (at St. John's Hall, Albany)

Albany.jpgギャップ2low.jpgのサムネール画像 パースの南東約400km、南氷洋沿いの街アルバニーにある「西オーストラリアワイルドフラワー協会・アルバニー支部」が主催するワイルドフラワーの展示イベント。
数多くのワイルドフラワー専門家で構成されるワイルドフラワー協会主催とあって、およそ70種類の野生ランを含む500種類にも及ぶワイルドフラワーが展示されます。花愛好家には必見の展示イベントになるでしょう。
また、アルバニー近くの海岸沿いにあるトーンディラップ国立公園は、Natural Bridgeと呼ばれるその名のとおり岩でできた自然の橋や、The Gapと呼ばれる南氷洋を見下ろす24メートルもの高さの絶壁が有名(写真左)。もちろん、ワイルドフラワーの宝庫としても知られています。

バッセルトン連合教会・ワイルドフラワー・エキシビション:2012年9月20日~9月21日(於:南西部・バッセルトン連合教会、バッセルトン)
Busselton Uniting Church Wildflower Exhibition (at Busselton Uniting Church, Busselton)

busselton-1-landscape.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像バッセルトン桟橋1low.jpgのサムネール画像パースの南約200kmに位置するバッセルトンは、南半球で最も長い1.8kmの木製桟橋・バッセルトン桟橋で知られる観光スポット。インド洋に長くせり出した桟橋の先にある自然の姿の海を見ることができる海中水族館も人気です。
そんなバッセルトンの街にある教会で行われるワイルドフラワー展示イベントは、すでに今回で88回目。初日のオープニングには、地元の子供たちによる聖歌隊が美しい歌声を聞かせてくれる教会ならではのパフォーマンスも。
可憐なワイルドフラワーと共に心癒される時間が過ごせることでしょう。


フローリッシュ・マーガレットリバー:2012年10月1日~10月31日(於:南西部・マーガレットリバー)
Flourish Margaret River (at various places in Margaret River)

カウスリップオーキッドlow.jpgCape_to_Cape_Track.jpgのサムネール画像のサムネール画像南西部マーガレットリバー、といえばプレミアムワインの産地として世界的にも評価の高いエリアですが、実は、ワイルドフラワー、なかでも150種類を越える野生ランが自生していることでも知られています。ワイルドフラワーは、このエリアだけでおよそ2500種類あり、その美しさを見るために世界中から花愛好家たちがこの地を訪れます。
10月の1カ月間、まさに花真っ盛りのマーガレットリバーのいたるところでワイルドフラワーツアーをはじめとした様々なイベントが行われます。
ウォーキングやトレッキングがお好きなら、マーガレットリバーを中心にインド洋沿いを南北に歩くケープ・トゥー・ケープのルートがお薦め。花を愛でながらインド洋沿いのトレッキングルートを満喫できるルートです。ラッキーならインド洋を優雅に泳ぐクジラを見ることも。


レーベンズソープ・ワイルドフラワーショー:2012年9月8日~9月22日(於:南西部・レーベンズソープ・シニア・シチズンセンター)
Ravensthorpe Wildflower Show (at Ravensthorpe Senior Citizen's Centre)

ravensthorpe.jpgRavensthorpe2.jpg30年以上にわたり続いているワイルドフラワーイベント。およそ2000種類にもおよぶレーベンズソープに自生するワイルドフラワーの中から約700種を展示。
ワイルドフラワーはもちろんのこと、期間中はショップもオープンし、ワイルドフラワーの本や花をモチーフにした個性あふれる手作りの品々が並びます。
花の専門家と一緒にワイルドフラワーを見るガイドツアーもあり、花に溢れた時間が過ごせます。