ホーム > カンガルー通信 > 西オーストラリア 大地を覆うワイルドフラワーに魅せられて
カンタス航空がご紹介するオーストラリアの最新トレンドや、雑誌・テレビの取材クルーが体験したホットな旅の楽しみ方をたっぷり詰め込み発信中!
体験レポート  雑誌・テレビ情報 

西オーストラリア 大地を覆うワイルドフラワーに魅せられて

関連エリア:  西オーストラリア州,

柴本淑子

雑誌『毎日が発見』編集長


昨年9月、ワイルドフラワーの取材でパースへ。オーストラリアは8~11月が春。寒さから目覚めた大地は、春の息吹きにあふれ、特に西オーストラリアのパース郊外にはワイルドフラワー(野の花)が一斉に花開き、まさに花のジュータンのようになるとの情報を得たからです。


リースフラワーこれがリースフラワー。満開までもう少し。
花の取材は魅力的です。何しろ、「毎日が発見」の読者は花好きが多く、年3回付録に付けた「野の花の名前がわかる本」は大好評。この付録のために定期購読を申し込んでくださった方もたくさんいたのです。


数種類の花がミックスされて。果てしなく広がる数種類の花がミックスされて。果てしなく広がる。
しかし、オーストラリアのワイルドフラワーはそんなに美しいのか、本当にジュータンといえるくらい大地を覆うのか、そもそもそれを見るために10時間も飛行機に乗っていく価値があるのか。もし期待はずれだったら...。あれこれ考えたものの、とにかく見てみないことにはわからない。ということで、カンタス航空の機上の人に。


白い花の群生雪かと思ったら白い花の群生だった。
結論から言います。ワイルドフラワーの群生は、それを見に行くだけでも、充分に価値あり。
パース郊外をクルマで走り抜けていくと、道路の両サイドには珍しい花が次々に現れます。大地が白く見え、こんな時季に雪が降ったのかといぶかりながら近づくと、それは白い花の群生で、まさに大地を覆い尽しているのです。
郊外の場所によって黄色であったりピンクであったり、紫であったり。小高い丘から眺めると、その覆い尽くしっぷりはさらに迫力を増し、言葉を失います。1本1本は風に優しくなびくような可憐な花が、一面に咲きそろうと、輝くような生命力に変わるさまは感動的です。


リースフラワーを撮るカメラマンリースフラワーを撮るカメラマン。地面に花があるので、こんな格好に。
群生しているのはエバーラスティングというデージーに似た花が多いのですが、それ以外にも日本ではまず見られないような花に出会えます。
特に目を見張ったのが、リースフラワー。株の中心から放射状に伸びた茎の先に花が咲く。名前のとおり、リースのような花が地上に出現しているのです。赤茶色の地面にポコポコとリースフラワーが咲く様子には、精霊たちがやってきて、ちょっと冠を置いて、近くで遊んでいる。そんな楽しいストーリーが浮かびます。


黄色いエバーラスティング黄色いエバーラスティング。
風の音しか聞こえない、静寂の中で静かに咲いている野の花々。悠久のときを経て、生命をつないでいるたくましさ。日本に戻って多忙な日々の中、気持ちが乾きそうになると、なぜかワイルドフラワーのことが思い出されます。「あの花たちに会ってみたい」そう思うことだけでも癒やされる。これもワイルドフラワーの魅力なのでしょう。


西オーストラリアのワイルドフラワーは「毎日が発見」4月号(3月28日発売)にパースの見所とともに紹介されています。


毎日が発見

「毎日が発見」は50歳からの直販月刊誌。1年あるいは3年の契約による定期購読誌ですから、書店では売っていません。この世代の方々に関心の高い、健康、暮らしの知恵、手作り、生き方、旅などの情報を満載して、毎月ご家庭にお届けしています。
購読の申し込みは、フリーダイヤル0120-325-012

2010年3月28日発売/角川SSコミュニケーションズ

http://www.mainichigahakken.net 

このページのトップへ


カンガルー通信トップ

カテゴリで選ぶ

 

ニュース

カンタス航空

体験レポート

雑誌・テレビ情報

エリアで選ぶ

 

バックナンバー

 

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

オーストラリアへの旅を探す

 
icon

便利な「直行便」をカンタス航空の
お得な「スーパーカンガルー」で!

oneworld

カンタス航空は
ワンワールドのメンバーです。