ホーム > カンガルー通信 > メルボルンカップに沸く、春から初夏にかけての魅力あふれるメルボルン
カンタス航空がご紹介するオーストラリアの最新トレンドや、雑誌・テレビの取材クルーが体験したホットな旅の楽しみ方をたっぷり詰め込み発信中!
体験レポート 

メルボルンカップに沸く、春から初夏にかけての魅力あふれるメルボルン

ビクトリア州,

平野美紀

トラベルライター


11月5日に開催された南半球最大の競馬の祭典「メルボルンカップ」取材のため、メルボルンを訪れました。何度となく訪れているメルボルンですが、その度に新しい発見があるのも、この街の魅力です。


20140123_melbourne_cup_02.jpg南半球最大であり、「The race that stops a nation. レースが国(の機能)をストップさせる」といわれる競馬レース「メルボルンカップ」を観戦するのは2回目ですが、その瞬間は、総毛立つほどの熱気と興奮!普段、競馬にとくに興味のない私でさえ、思わず身震いするほどです。着飾った紳士淑女であふれるフレミントン競馬場は、日本でイメージする競馬場とは程遠い華やかさに包まれ、ファッションとグルメの街・メルボルンの底力を再確認しました。
 
20140123_melbourne_cup_03.jpgメルボルンカップの翌日は、メルボルン市内へ。中心部のいたるところに歴史的な建物が点在し、レーンウェイと呼ばれる細い小路や美しいアーケードが多いメルボルンの街は、何度訪れてもヨーロッパの街にさまよいこんでしまったかのような錯覚に陥ります。レーンウェイやアーケードには、小さなショップやカフェ、レストランがずらりと並び、「こんなところにお店が?」と思うような発見が詰まっています。また、小路の壁面に描かれたアートも見逃せません。市に申請して許可を得れば、誰でもが描くことができるというストリートアートは、芸術の街メルボルンならでは。
 
20140123_melbourne_cup_04.jpg20140123_melbourne_cup_05.jpg
 
20140123_melbourne_cup_07.jpgこうしたメルボルンならではの風景は、私の住むシドニーとはまったく違った雰囲気を醸し出しています。あのワクワク感は、秘密基地を探検しているような感じといってもいいかもしれません。今回は、そうしたレーンウェイやアーケードを散策するウォーキングツアーにも参加させていただきました。ガイドブックには載っていない新しいお店や地元で人気のお店の場所などを効率よく知ることができるので、時間の限られた旅行者に人気だそうです。
 
また、オーストラリアにおけるカフェ(コーヒー)文化発祥の地と言われるメルボルンですが、今回は、コーヒー専門店で行っている無料のカッピング体験にも参加し、その神髄を目の当たりにしました。コーヒーのテイスティングともいえる"カッピング"では、コーヒーの本当のおいしさを再確認でき、こうした体験講座を無料で行っているメルボルンのカフェ文化の深さに脱帽したほどです。
 
20140123_melbourne_cup_08.jpgそして、メルボルンに行ったら欠かせないのが、マーケットめぐりです。今回も、南半球最大で市民の台所とも言われる「クイーンビクトリアマーケット」と「プラーランマーケット」へ。どちらもオーガニックコーナーやデリカテッセンが充実していて、次から次へと目移りしてしまうほど。マーケットは、お土産探しにもおすすめです。
 
ファッショナブルで、おいしいレストランやお洒落なカフェがたくさんあり、どこかヨーロッパのような風景が広がるメルボルン。その魅力は、何度行っても尽きることがありません。今回の取材の様子は、旅行情報サイトRisvel(リスヴェル)の連載コラムでご紹介していますので、よかったらご一読ください。
 
▼【連載コラム】地球に優しい旅しよう!
http://www.risvel.com/column_list.php?cnid=8


このページのトップへ


カンガルー通信トップ

カテゴリで選ぶ

 

ニュース

カンタス航空

体験レポート

雑誌・テレビ情報

エリアで選ぶ

 

バックナンバー

 

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

オーストラリアへの旅を探す

 
icon

便利な「直行便」をカンタス航空の
お得な「スーパーカンガルー」で!

oneworld

カンタス航空は
ワンワールドのメンバーです。